読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究:THC は大麻常習者の唾液内に長期的に検知される
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2014-12-10

2014年6月12日(木)

ノルウェー オスロ:『治療薬モニタリング』(Therapeutic Drug Monitoring)誌で公表された臨床試験データによると、口腔液内に THC が検知されても、近い過去に大麻に曝されたことを意味するとは限らない、という。



研究者らは、大麻の使用禁止を監視した長い期間にわたり、大麻常習者の口腔液内における THC の探知時間を評価した。試験中、口腔液サンプルは 1 日 2 回採取された。

研究者らは、THC が、大麻に曝された後 8 日の間、被験者の口腔液サンプルに探知される場合があることを確認。被験者らが大麻の使用を再開しなかったにも関わらず、サンプル内の THC レベルは、陰性から陽性まで、結果的にさまざまだった。

研究者らは、次のように報告した。「大麻常習者の口腔液サンプル内のTHCは、摂取後少なくとも 48 時間は探知されると考えられ、サンプルは摂取後 1 週間でも陽性の可能性がある。陰性の結果は、陽性の結果の中に散在し、患者らのうち 6 名に見られた。... しかし、尿中のTHC-COOH 濃度からは、新しく摂取した可能性はないと考えられた」。

そして、次のように結論した。「この研究により、高用量の大麻を頻繁に使用すると、探知時間が長くなること、また、陽性のサンプルが陰性のサンプルに散在しうることがわかる。今回の結果は、口腔液分析から出た THC の結果の解明が必要な際に重要である」。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "Detection Time for THC in Oral Fluid after Frequent Cannabis Smoking" は、Therapeutic Drug Monitoring に掲載されています。

Source: NORML NEWS
Study: THC Detectable In Saliva For Prolonged Periods In Habitual Consumers
Thursday, 12 June 2014

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター