読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報
オバマ大統領が大麻の合法化を求める若者にひと言
海外情報 : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-04-18

2015年3月17日(金)
オバマ大統領は反マリファナ政策に数十億ドルを費やす一方で、若者が大麻問題に熱意を抱くことを批判する

時折、オバマ大統領は大麻の合法化を主張する若者と対面する。大抵の場合、オバマ大統領はこのような若者の熱意をジョークでごまかす。しかしながら、もし彼が「チューム・ギャング」時代(訳注:オバマ氏が大学生の頃に所属していたグループで、大麻の喫煙をひとつの目的としていた)に逮捕され、有罪となっていたならば、彼は政治家として成功することはなかったであろう。今週発行の『ヴァイス』のインタビューで、オバマ大統領は選挙権を持つアメリカの若者が大麻の合法化問題に異常に執着している、との持論を展開した。取材者は、ネット読者のオバマ氏への注目度が一番高いのは大麻問題であることを明らかにした。

それに対し、麻薬取締りの最高責任者はこう答えた



大麻が若者の最優先課題であってはならない。

この問題を正気で考えよう。若者たちよ、あなた方がこの問題を重要視していることは良く分った。しかし、あなた方には、気候変動、経済、雇用問題、戦争と平和などを考えてもらいたい。そして優先順位の一番下の方にマリファナがあってもいいのではないか。

このような混乱から学ぶところは大きい。もし魔法使いが若者の前にあらわれ、どんな望みでも叶えられるならば、気候変動や強い経済、平和な地球などを差し置いて、大麻の合法化を唱えるのは理性的ではない。しかし、政治というのは、そもそも理性的な世界ではないのである。

若者の多くは、気候変動や経済、雇用、戦争と平和などの諸問題を解決する実現可能な答えを持っていない。万が一、このような複雑怪奇な問題を解決する術を知っていたとしても、それを発揮する場がない。

ところが、このような若者の多くは、マリファナ問題に関しては確固たる意見を持っている。そして、このような若者にとって、これは比較的単純な問題なのだ。この層が本気になって動けば、十年以内に法律は変わるだろう。

大麻の合法化は、新たな公共政策として、国内外の数百万人の人生を豊かにするだろう。従って、若者がこの問題を優先して考えるのは実に理に適っている。若者が大麻を合法化することに成功すれば(そして一部の州では実際に合法化されているのだが)、若者参加型の市民運動も更に活力を増すことであろう。若者が積極的に政治に参加することもあるだろう。

オバマ氏の見解は次の理由により論理破綻している:

大麻合法化運動の中心には、大統領が、その権限により、アメリカの司法や警察を駆使して、もはや意味をなさない取締りに無駄な時間と労力、税金を投入しているという考えがある。若者たちは、オバマ氏の見解をそっくり正反対に返せばいい。「気候変動や経済不安、雇用の落ち込み、そして戦争があるにも関わらず、どうやったら就任中マリファナの取締りに1600億ドルを費やせるのか?マリファナを異常に重要視しているのは、若者ではなく、アメリカ連邦政府ではないのか?財源の無駄を省いて、オバマ氏が先に述べた諸問題を解決するのが正解ではないか?」

オバマ大統領は、現在の大麻政策が重大な問題を生んでいることを指摘した。「司法制度に大きな欠点があり、とりわけ非暴力麻薬事犯を厳しく裁いている。これにより、前科者の烙印を押されることになるので、職を得るのが更に難しくなる。これは有色人種の居住地域に顕著に見られる傾向だ。」大統領は続ける。「不均衡な刑罰、それは各州にとって大きな損失をもたらす。そして多くの州がそのことに気付き始めているのだ。」

その通り。

「私が希望を抱いているのは、リベラル派の民主党員ばかりでなく、保守派の共和党員や新自由主義者の共和党員などがこの問題の矛盾点に気付き始めていることだ。そして囚人の収監に莫大な費用がかかることにも気付いている。私たちは大麻の非犯罪化に関しては進歩を遂げることができるだろう。沢山の州が大麻を非犯罪化すれば、議会によるスケジューリングの緩和もあるだろう。しかし、大麻がすべての問題を万能薬のように解決するとは思えない。」

大麻がすべての問題を解決する筈もない。大麻の合法化を声高に主張する若者たちは、麻薬戦争に費やした財源を活かす道を模索中である。これらの若者が声をあげたからこそ、この数十年に及ぶ大麻関連の失敗政策にようやく政治家が動き始めたようだ。

オバマ大統領は、この問題に関してジョークを飛ばしている場合ではない。オバマ氏には常識的な対応を求めたい。

以下が『ヴァイス』のインタビューである。

Source: The Atlatic
Obama's Critique of Young People Who Want Legal Marijuana
MAR 17 2015

翻訳:麻生しげる

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター