読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究報告:大麻の使用によりDVの可能性が低くなる
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-10-17

2014年8月28日(木)

ニューヨーク州バッファロー:「中毒行動心理学」(Psychology of Addictive Behaviors)オンライン版において印刷版に先立って公表された時系列データによると、新婚のカップルのうち、大麻を使用するカップルの間では、後々近親者に対する暴行(IPV)が発生する可能性が低いという。



エール大学、ラトガーズ大学およびバッファロー大学の研究者らは、600組以上のカップルについて、夫または妻が大麻を使用していると、結婚して初めの9年間にIPVが発生するか評価研究を行なった。報告では、「この新婚カップルを集めたサンプルグループでは、男女の別なく、結婚後9年間にわたり、大麻を頻繁に使用していればいるほど、IPVが起こる頻度が低くなることがわかった。また、モデレーション分析によって、配偶者が共に頻繁に大麻を使用しているカップルは、男女の別なく、IPVが起こる危険性が最も低いということがわかった」としている。

この研究の指導的立案者は報道発表で次のように述べた。「この研究は、大麻によって、激しい暴力的な争いが増加せず、むしろ減少する可能性があるということを裏付けるものだが、より結論を確実にするため、今後の研究で、この結果の再現と、日常的大麻とアルコールの使用と使用当日のIPVの可能性との検証を行ないたいと考えている」。

「中毒行動」(Addictive Behaviors)誌において今年1月に公表された過去8件の研究では、(大麻ではなく)アルコールの使用は一般的にIPVの増加に繋がることがわかっている。研究者らは「飲酒の日、多量飲酒の日、およびそれぞれの日に飲酒の量が増えれば、それだけ肉体的、性的な暴力行為も増えた。心理的な暴力は、多量飲酒の日にのみ増加した」と報告。「一方、大麻を使用した日には、どの種類の暴力についても増加することはなかった」と結論している。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "Couples' marijuana use is inversely related to their intimate partner violence over the first 9 years of marriage" は、Psychology of Addictive Behaviorsに掲載されています。

Source: NORML NEWS
Study: Marijuana Use Associated With Decreased Likelihood Of Domestic Violence
Thursday, 28 August 2014

翻訳:なみ

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター