読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
ヒラリー・クリントン氏が大麻の再分類を求める
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-11-21

2015年11月12日(木)

サウスカロライナ州オレンジバーグ:民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン氏は今週の遊説の際、連邦における大麻の分類をスケジュール1からスケジュール2へ修正するよう求めた。

なお、同じく民主党の大統領候補マーティン・オマリー氏は過去に、当選すれば、大統領命令で大麻をスケジュール2に修正すると述べたことがある。共和党の大統領候補ランド・ポール議員(ケンタッキー州選出)は、大麻の再分類を求める下院法案の共同提案者である。また、ヴァーモント州のバーニー・サンダース議員は昨週、連邦の規制薬物法のすべての分類から大麻を除外する「2015年大麻禁制終結法案」(The Ending Federal Prohibition Act of 2015)を提出している。



クリントン氏は発言の中で、(大麻の)安全性や治療効能について、「科学的な研究は何もなされていない」と述べている。しかし、国立医学図書館のデータベースをキーワード検索すると、大麻とその効能に特化した科学的な報告書が数千件ヒットする。さまざまな患者における大麻草の治療効能と安全性を評価した、米食品医薬品局(FDA)承認の臨床試験に関するレビューの結果では、「(大麻の)スケジュール1の分類は論証できるものではない。大麻に医療価値がないとか、安全性についての情報に欠けているというのは誤っている」とされた。

クリントン氏の発言について、NORML政治部長ダニエル・キーンは次のように述べている。「連邦法の大麻の分類をスケジュール2に修正すると、コカインと大麻の分類が同等になる。そのように分類されても、実際の大麻の安全性とは矛盾し、依然として禁止薬物として括られたままになる。大麻は、タバコやアルコール類と同じように分類から除外されるべきであり、連邦から干渉されない独自の政策を設ける権限を各州に与えるべきである」。

詳しい情報は、NORML理事長アレン・セントピエールまたは、政治部部長ダニエル・キーンにお問い合わせください。

Source: NORML NEWS
Hillary Clinton Calls For Rescheduling Cannabis
Thursday, 12 November 2015

翻訳:なみ

コメント:民主党の候補者のうちでも大麻の政策についてそれぞれ細かく異なっていて、どの候補が党の代表になるのか、見ものです。どちらにしても、大統領選では、反大麻支持者が多い保守の共和党の勝利は避けてほしいものですね。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター