読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
テキサス州:ヒューストン市警が大麻所持の告発を中止する
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-11-27

2015年11月19日(木)

テキサス州ヒューストン:米国4番目の大都市、ヒューストン市の警察が、2016年1月に発効する州全体の義務の一環として、大麻所持の事件について刑事訴訟の提起を取り止めることとなる。



ハリス郡地方検察局は、2オンス(約57g)以下の大麻所持が初犯で見つかった人は、公判前の介入プログラムに参加する機会が与えられると発表した。講習とコミュニティ・サービスから成るプログラムへの参加を選択すれば、告訴の手続きを取られることはない。そのプログラムを修了すると起訴されず、犯罪歴が付くことはない。

なお、初版の違反者のみにプログラムへの参加資格が与えられる。

テキサス州法では、2オンス以下の大麻の所持は軽犯罪として分類され、180日以下の懲役または2,000ドル以下の罰金で、犯罪歴が付く。

現在、ハリス郡の一握りの警察官や検察官がプログラムへの参加を決めている。プログラムは「初めての介入プログラム」として知られており、2016年1月1日には、州のすべての警察が、被疑者に対してプログラムへの参加の機会を与えなければならない。

この政策について、ハリス郡地区検事長デヴォン・アンダーソンは次のように述べた。「これで、刑務所に空きが出る。起訴する際に出る警察や検察への行政負担が最小に抑えられる。起訴や裁判手続きの費用が削減される。そしてもちろん、大麻違反者に前科が付かない機会が与えられる。大麻違反者が起訴されてからその機会を与えるようでは、このプログラムの最大の利点が生かされない」。

詳しい情報は、NORML事務局長アレン・セントピエール(電話 (202) 483-5500)にお問い合わせいただくか、または、http://www.houstonnorml.org をご覧ください。

Source: NORML NEWS
Texas: Houston Police To Halt Marijuana Possession Charges
Thursday, 19 November 2015

翻訳:なみ

コメント:凶悪犯罪がアメリカよりも少ないから昨今のアメリカの大麻規制緩和の理由は日本には当たらないという意見がありますが、全くそんなことはない。刑務所の空きの問題以外にも大麻規制で浪費している税金は山のようにあることを、日本の警察も検察も認識して欲しいです。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター