読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究:精神作用のないカンナビノイドが大腸がんの進行を抑制する
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-12-07

2014年10月9日(木)

イタリア ナポリ:「発がん」(Carcinogenesis)ジャーナル オンライン版で、印刷版に先立って公表された前臨床データによると、精神作用のないカンナビノイド、カンナビゲロール(CBG)を投与すると、抗大腸がん活性が増加する可能性があり、がん性腫瘍の成長が抑制される。大腸がんは世界的に見て、男性では3番目、女性では2番目に多いがんである。



ナポリ大学のイタリア人研究者らは、生体内および生体外の結腸腫瘍形成に対するCBGの効果を評価。CBGがアポトーシス(細胞自然死)を促進し、細胞の成長を減少させると報告した。またCBG投与は、動物実験モデルの結腸腫瘍成長の抑制にも作用した。

結論では、「今回のデータから、精神作用のないカンナビノイド、CBGが生体内における大腸がんの発症を妨害し、大腸がん細胞の成長を抑制することがわかる。(中略)CBGが抗大腸がんの治療薬として、また予防薬として有望であると仮定される」としている。

カンナビノイドと内因性カンナビノイドは前臨床モデルにおいて、単体で、およびその併用により、抗がん活性があり、がん細胞株の中でも、グリオーマ細胞、乳がん、肺がん、リンパ腫の増殖を停止させることがわかっている。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "Colon carcinogenesis is inhibited by the TRPM8 antagonist cannabigerol, a cannabis-derived non-psychotropic cannabinoid" は、Carcinogenesisに掲載されています。

Source: NORML NEWS
Study: Administration Of Non-Psychotropic Cannabinoid Halts Colon Cancer Progression
Thursday, 09 October 2014

翻訳:なみ

コメント:CBGというからには、これは熱を加えた時に発生するカンナビノイドだということです。元の生大麻に含まれるCBGA(カンナビゲロール酸)にこそ抗がん作用があると言われているようです。カンナビノイドの効能と関係性の図。今米国等で注目されている生大麻ジュースの効能もその根拠で、強力な抗がん作用があるようです。大麻反対派の人たちは精神作用を問題にすることが多いですが、生のジュース(に含まれるTHC酸)には精神作用がありません。実際末期がんの人たちが化学療法の副作用から、がんの進行から救われている事例が多くあります。あなたはそれでも反対ですか?

関連記事:大麻ジュース ー 大麻草の現実

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター