読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

4名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
ミシガン州:医療大麻患者には失業給付金受給資格がある
NORML News : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-12-10

2015年12月4日(金)

ミシガン州ランシング:ミシガン州最高裁判所によると、州が認めた医療大麻患者には、失業給付金を受ける資格がある。

裁判所は、大麻のスクリーニング検査で合格しなかったという理由で解雇された場合でも補償を受けることができるとした2014年の控訴裁判所の判決をそのまま支持した。判決では、「原告がミシガン州の医療大麻法に準じた大麻以外の薬物の使用によって陽性の反応となった証拠がなければ、給付金の給付不履行という罰則は適切ではない」とした。



ニューメキシコ州の控訴裁判所は昨年、個人による医療大麻の使用は「道理的で必要な治療」であり、勤務中に受けた損傷を治療する場合、雇用者はそれを補償する義務があると判決している。

なお、カリフォルニア州(Ross v. Ragingwire Telecom)、コロラド州(Coats v Dish Network)、オレゴン州(Emerald Steel Fabricators v. Bureau of Labor and Industries)およびワシントン州(Roe v. Teletech Customer Care Management LLC)の最高裁判所は、(医療)大麻ユーザは(大麻の)犯罪責任から免除されるとする州法によって職場での市民保護が受け入れられることはないと判決している。

詳しい情報は、NORML理事長アレン・セントピエールまたは、政治部部長ダニエル・キーン(電話:(202) 483-5500)にお問い合わせください。

Source: NORML NEWS
Michigan: Medical Cannabis Patients Eligible For Unemployment Benefits
Friday, 04 December 2015

翻訳:なみ

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター