読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

5名さま。クリックのご協力を! (2 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究:運転能力に対する大麻の影響はアルコールとは異なる
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-04-15

2016年3月18日(木)

メリーランド州ボルチモア:『応用毒物学ジャーナル』(Journal of Applied Toxicology)において公表された運転シミュレーションのデータによると、大麻に影響を受けている運転能力は、アルコールに引き起こされる運転挙動とは大きく異なる。



米国立薬物乱用研究所およびアイオワ大学の研究者らは、ベポライザーで大麻を使用した被験者、アルコールを飲用した被験者、またプラセボ薬を服用した被験者における運転能力をシミュレータで評価した。

報告によると、大麻の服用により、平均速度の低下、車間距離の増加など、代償の運転挙動が見られたが、アルコールでは、より速度の速い運転が見られた。また、大麻の服用と少量のアルコール摂取により、「アルコールで早まるスピードを抑えることができた」。この結果は、2種の薬物を合わせると、一般的に精神運動能力に中毒性の副作用が現れるとした過去のデータに反するものだ。

結論では、「THC濃度依存の、スピードの緩慢化、制限速度以下の走行時間の増加、車間距離の増加との関連性により、運転手が潜在的な機能障害を自覚し、それを補おうとしていることがわかる。大麻に影響を受けている運転手に見られるそのような代償挙動は、スピードの増加など、アルコールによって引き起こされる危険行動の増加とは対照的である」とされている。

事故過失の研究に関する最近公表の文献レビューの結果によると、「大麻の急性の酩酊感は、低度から中度(1.2から1.4までのオッズ比)の、統計的に有意なリスク増加に関係している」。一方、米国運輸省幹線道路交通安全局による2015年の症例対照研究では、法的範囲内のアルコール値での運転により、衝突の危険性がおよそ4倍(オッズ比 = 3.93)増加することが報告されている。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "Cannabis effects on driving longitudinal control with and without alcohol" は、Journal of Applied Toxicology 誌に掲載されています。精神運動機能と交通事故の危険性における大麻の影響に関する追加情報は、以下のNORMLのサイトをご覧ください。

http://norml.org/library/driving-and-marijuana

Source: NORML NEWS
Study: Cannabis' Influence On Driving Performance Differs From That Of Alcohol

翻訳:なみ

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター