読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
連邦麻薬取締局が5年来の再分類請願に対する取り組みへ
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-04-26

2016年4月7日(木)

ワシントンDC: 連邦麻薬取締局(DEA)は、スケジュール1の禁止薬物から大麻の再分類を求める請願に数ヶ月後に対応するよう、準備している。



DEAの代表者は、エリザベス・ウォレン(民主党・マサチューセッツ州選出)他7名の上院議員による2015年6月の質問に回答し、ワシントン州知事クリスティン・グレゴール、ロードアイランド州知事リンカーン・シャフィが提出した5年越しの再分類請願に対し、次の6月までに対応するつもりであることを認めた。2011年に提出された請願は、DEAに対し、大麻を連邦規制薬物法のスケジュール1からスケジュール2に再分類する手続きを始めるよう求めるものだ。

DEAが再分類に関する類似の請願について最後に決定を下したのは、2011年。DEAはこの時、請願を却下し、「現在、安全性や効能を科学的に評価する、十分にコントロールされた臨床試験等で、大麻の特定の効果が既知のリスクに優っていることは示されていない」と主張した。

NORMLは近年、タバコやアルコール等と同様に、規制薬物法から大麻を除外することを支持している。

DEAの公式文書によると、連邦当局の多くが大麻に含まれる精神作用のないカンナビノイド、カンナビジオール(CBD)を再分類すべきかどうかを別途検討中であるという。また同文書では、「NIDAおよびFDAは、ヒトと動物におけるCBDの効果について評価した研究に関する拡張的な文献レビューを完遂するよう取り組んでいる。(中略)しかしDEAは、大麻の乱用可能性に関する最終的な評価を下すには、大麻の乱用し易さに関する研究の必要性を指摘する」と報告した。

現在米国では、16の州で、資格を持つ患者に対するCBDの所持が法律により明確に許可されている。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。

Source: NORML NEWS
DEA Set To Act Imminently On Five-Year-Old Rescheduling Petition

翻訳:なみ

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター