読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

5名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究:大麻とHIV・C型肝炎重感染者における負の免疫効果に関連ない
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-05-05

2016年4月21日(木)

フランス マルセイユ: 『薬物・アルコール レビュー』(Drug and Alcohol Review)誌オンライン版において、印刷版に先立って公表されたデータによると、HIVとC型肝炎に重感染した患者において、大麻の使用は、CD4 T細胞の数に悪影響を与えることはないという。CD4細胞は、感染と闘う白血球細胞である。



フランスの研究者らは、HIVとC型肝炎に重感染した患者約1,000名のコホートの自己申告による大麻の使用が免疫機能に及ぼす影響を評価。「CD4 T細胞の数・割合の拡散において大麻の使用が負の影響及ぼすことを示す証拠は全くない」 と報告した。

『臨床感染症』(Clinical Infectious Diseases)誌において2013年に公表された別の臨床データによると、大麻の長期使用が、HIVとC型肝炎に重感染した患者の肝機能に悪影響を与えることはない。

現在、HIVおよび・またはC型肝炎と診断された被験者の多くが、諸症状の治療や、吐き気や食欲不振といった従来の薬物治療による副作用の緩和に大麻を使用していることを認めている。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "No significant effect of cannabis use on the count and percentage of circulating CD4 T-cells in HIV-HCV co-infected patients" は、Drug and Alcohol Review 誌に掲載されています。

Source: NORML NEWS
Study: Cannabis Not Associated With Adverse Immune Effects In HIV/Hep C Co-Infected Patients

翻訳:なみ
大麻を使用すると他の薬物類と同じように肝機能が低下するとか、大麻は免疫機能を低下させるとかいう説がありますが、その説を覆すものです。CBDが「恒常性を整える」ことからも、こちらの方が信憑性が高いですね。別の研究にも注目しましょう。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター