読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究:医療大麻合法化によりオピオイド乱用率が低下
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-05-09

2016年4月28日(木)

カリフォルニア州サンフランシスコ: キャストライト・ヘルス(Castlight Health:労働者医療保障システム プロバイダー)が報告したデータによると、医療大麻を許可する自治体においては、処方オピオイドの乱用率は著しく低いという。



研究者らは、2011年から2015年までの間に100万人の被雇用者から得た、匿名の処方報告データを評価した。

医療用大麻の入手が許可されていない州では、オピオイドを処方されている人の5.4%がオピオイドの乱用者と見なされた。(報告では、苦痛緩和治療を受けておらず、4箇所以上から累積90日分以上のオピオイドを処方された個人による同薬物の使用を「乱用」と定義している。)一方、その基準を満たした、医療大麻合法の州の居住者は、オピオイドが処方されているわずか2.8%に留まった。

今回の結果は、2015年にRAND社(RAND Corporation)が報告した調査研究に類似している。同社の報告によると、「医療大麻ディスペンサリーを許可する州では、そうでない州に比べて、オピオイド中毒とオピオイドの過剰摂取による死亡数が減少している」。

『米国内科医学会ジャーナル』(Journal of the American Medical Association Internal Medicine)において2014年に公表されたデータによると、州の医療大麻法に施行により、州レベルのオピオイド過剰摂取による死亡率が大幅に減少し、結果的に「医療大麻法がある州においては、同法がない州に比べて、オピオイド過剰摂取による死亡率の年間平均が24.8%低かった」。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "The opioid crisis in America's workforce" は、以下のサイトに掲載されています。
http://www.castlighthealth.com/typ/the-opioid-crisis/

Source: NORML NEWS
Study: Opioid Abuse Rates Lower In Medical Cannabis States

翻訳:なみ

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター