読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
米国務省:国際条約は大麻栽培の独占を要求しない
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-05-20

2016年5月12日(木)

ワシントン D.C.: 米国務省がカーステン・ギリブランド上院議員(民主党・ニューヨーク州選出)に提出した声明書によると、米国の条約義務により、連邦政府が、大麻の栽培を単一の認定施設に制限しなければならないことはないという。



同声明書は、これまで長い間、研究目的の大麻の栽培は、連邦薬物乱用研究所の監視の下、連邦に認定された1施設(ミシシッピ大学)での実施に限ると主張している連邦麻薬取締局(DEA)の見解に反するもの。DEAは2011年、追加で栽培免許を交付するよう求めた行政法判事の命令を拒否。大麻の栽培を許可することは、「麻薬に関する単一条約(麻薬単一条約)における米国の義務に矛盾する」と主張した。

しかし、ギリブランド上院議員の問い合わせに反応して、国務省国際麻薬局と警察の代表者がDEAの主張を次のように否定した。「たとえ麻薬単一条約の締結国が、医療用や研究用の大麻栽培に複数の免許を発行したとしても、その事実だけで、その国が同条約に違反していると結論することはできないと思われる」。

ギリブランド上院議員は、国務省の承認の後、「DEAは、医学研究用の大麻の栽培者に対して新たに免許を発行し、時代遅れのイデオロギーが近代医学を妨害しないようにすべきである」と述べた。

なお、連邦の規則では、大麻に関する臨床試験計画は、DEAや食品医薬品局(FDA)、国立薬物乱用研究所(NIDA)の承認を得なければならず、使用する材料はミシシッピ大学から提供されるものでなければならない。スケジュール1に分類される他の規制薬物など、これほど厳格に規制されている薬物は他にない。

詳しい情報は、NORML理事長アレン・セントピエールまたは、政治部部長ダニエル・キーン(電話:(202) 483-5500)にお問い合わせください。また、追加情報は以下のサイトに掲載されています。http://www.safeaccessnow.org

Source: NORML NEWS
State Department: International Treaties Do Not Demand Monopoly On Marijuana Production

翻訳:なみ

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター