読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

5名さま。クリックのご協力を! (2 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究:10代の問題ある大麻の使用率が減少
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-06-06

2016年6月2日(木)

ミズーリ州セントルイス: 『米国児童青年精神医学会ジャーナル』(Journal of the American Academy of Child & Adolescent Psychiatry)誌が新しく公表したデータによると、未成年者による大麻の使用は減少しており、未成年ユーザの間では問題のある使用も減少しているという。



ワシントン大学医学部セントルイス校の研究者らは、2002年から2013年までの間に未成年者らが薬物使用について自己申告した政府調査データについて評価した。12歳から17歳までの未成年者21万6,000人以上が連邦政府に委託された調査に参加した。

研究者らは、過去1年間に大麻を使用したと答えた回答者の割合は、調査期間中に10%減少したこと報告した。また、常習など大麻関連の問題があったと回答した数も2002年から2013年までの間に24%減少している。

今回の研究結果は、多くの州が大麻政策を自由化した過去15年間に若者による大麻の使用と乱用が減少したことを報告した以前の評価に一致するものだ。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "Declining prevalence of marijuana use disorders among adolescents in the United States, 2002 to 2013" は、Journal of the American Academy of Child & Adolescent Psychiatryに掲載されています。

Source: NORML NEWS
Study: Rates Of Problematic Cannabis Use Fall Among Teens

翻訳とコメント:なみ
特に若者の薬物使用・乱用に対しては、正しい薬物情報と道徳教育以外解決の道はないのではないでしょうか。こと大麻に関しては、「ダメ、ゼッタイ!」の古い情報が、インターネット上で否定されているわけで、情報の修正に踏み切らないことが日本における大麻使用の低年齢化に繋がっているのです。この件に関して、お役人さんの怠慢・無知による弊害や浪費は膨大です。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター