読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

5名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
公衆衛生局長官が「大麻は有効」と認める
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-06-15

2015年2月12日(木)

ワシントンD.C.: 新しく任命された連邦公衆衛生局長官ビベック・マーフィーは先週、CBSニュースに対し、大麻が症状によっては有効な治療法になるとの考えを示した。



同氏は、『CBS今朝のニュース』(CBS This Morning)に出演し、「ある特定の病状や症状に大麻が有効であることを示す予備データがある」と言及。さらに、「そのデータを政策策定の推進に使用すべきで、政策がどのような様相になるか、非常に興味がある」とした。しかし、その日の夕方には、最初の公の発言を覆したようだ。同氏による公衆衛生局の声明の中で、「ある特定の大麻成分の臨床試験が病状によっては有望であるようだが、食品医薬品局(FDA)と医学研究所によると、現在のところ、大麻の喫煙は、いかなる病状に対しても安全性、有効性の基準を満たしていない」と述べたのだ。

マーフィー博士は昨年末、公衆衛生局長官として承認された。

この公衆衛生局長官の声明について、NORML副事務局長ポール・アルメンターノは以下のようにコメントしている。「公衆衛生局長官が当初の発言を覆そうとしたのは予測の範囲内だった。というのも、発言の内容が、連邦法による大麻のスケジュール1の分類と整合しないからだ。スケジュール1の大麻およびその成分は、『現在、米国において(中略)医学的用途が認められておらず、医師の監視がない場合の安全性も認められていない』。しかし当初の発言から、長官が、大半の米国民と同様に、大麻を禁止薬物にする分類が近代科学や一般の意見とかけ離れていると考えていることは明らかである」。

今週水曜日、サクラメントでは、スケジュール1という大麻の分類の合憲性に対する異議申立ての最終弁論が行なわれた。昨年(2014年)10月には、弁護人と専門家による証拠の提出が行なわれていた。

判決は今年後半にも下される予定だ。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。

Source: NORML NEWS
Surgeon General Acknowledges "Marijuana Can Be Helpful"

翻訳とコメント:なみ
1年以上前の記事ですが、この公衆衛生局長官は後にも当初のような発言を公にしています。なお、サクラメントの連邦判事は結局、この申立てを却下。「いずれ大麻の分類の違憲性が判決される可能性はある」としたものの、この裁判では見送られたようです。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター