読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

10名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究:大麻喫煙は双極性障害患者に短期的臨床効果もたらす
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-06-30

2016年6月23日(木)

マサチューセッツ州ボストン: オープン・アクセスのPLoS ONE誌において公表された臨床結果によると、大麻の吸入により双極性障害(BPD)患者の臨床症状が緩和するという。



ハーバード大学医学大学院とボストン マクリーン病院の研究者らは数週間にわたって、BPD患者における心的状態と神経心理機能の働きに対する大麻吸入の影響について評価した。

報告では、大麻吸入後、うつ状態、躁状態、憤怒、不安など、BPD患者の臨床症状のレベルは減少したとされた。認知テストの中には、健康な対照群に比べて、大麻ユーザの被験者らの方が明らかに劣るものもあったが、大麻の経験がない、同等なBPD患者に比べると違いはなかった。

結論によると、「大麻ユーザであるBPD患者の、大麻吸入前後の直接分析では、憤怒、緊張、うつなどについてスコアが大幅に低くなり、気力のレベルが高くなるなど、喫煙後4時間以内に症状が大きく緩和したことが明らかになった。(中略)認識能力に関して、大麻喫煙者とBPD患者は全体的に、健康な対照群に比べて能力が低かった。しかし、BPD患者は、大麻の使用有無に関わらず、何かしらの障害が見られた。(中略)まとめると、これらの結果から、大麻の使用が一部のBPD患者にとって短期間の心的状態安定剤になり、大麻の使用には、BPD患者における認識能力に対して中毒的、もしくはマイナスの影響がないことがわかる」。

この研究は、BPD患者の心的状態や認識能力に対する大麻の効果をテストした初めての臨床試験である。

双極性障害は、米国で570万人もの成人に影響を与えると考えられている。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "A pilot investigation of the impact of bipolar disorder and marijuana use on cognitive function and mood" は、オンライン版PLoS ONEに掲載されています。

Source: NORML NEWS
Canada: Rising Popularity Of Medical Cannabis Among Veterans Associated With Declining Opioid Use

翻訳とコメント:なみ
睡眠薬や精神安定剤、双極性障害に処方される多くの薬物も、副作用が強いと聞きます。十分な知識と少しの善意があれば、既得権の保護は傍に置いて、せめて臨床試験だけでも法的に認めてもらうように動くのでしょうが。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター