読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

25名さま。クリックのご協力を! (12 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
お知らせ
青少年の薬物問題を考える会
お知らせ : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2005-03-30

小森榮弁護士のサイト「青少年の薬物問題を考える会」に許可を得てリンクしました。薬物問題に取り組むオランダ政府(外務省)発行の冊子「Q&A薬物 2003 オランダの政策へのガイド」などが掲載されています。オランダ大使館によると同冊子の日本語訳は発行されておらず、訳出は小森弁護士ご自身によるものです。
同冊子にはオランダの薬物政策について説明があり、そこには例えば「大麻は健康にとってさして重大な脅威とはいえず、また迷惑行為を引き起こすことも稀であるため、個人使用目的の少量のソフトドラッグ販売に対する規制は、優先度が低くなっています。」との記述があります。つまり、「大麻が人の心身に有害であるとはいえても、有害性が極めて低いとはいえない」とする日本の司法当局とオランダ政府のどちらかの認識が誤りだということになります。どちらが事実なのか。司法当局は大麻の鑑定請求を認めようとしませんが、だらだらと逃げてばかりいないで、正々堂々と検証に応じるべきでしょう。
昨29日にも違憲論を主張する控訴審が東京でありましたが、大麻の鑑定請求は棄却されました。卑怯な司法には言葉もありません。このままでは司法に対する信頼など朽ち果てたままでしょう。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター