読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (8 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
イギリス政府諮問委員会答申:大麻規制は厳しく戻さずにOK
白坂の雑記帳 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2008-04-11
白坂の雑記帳

規制薬物を3段階に分類し、そのランクに対応した罰則を適用しているイギリスでは、2004年に大麻はBからCに引き下げられ、事実上、非犯罪化が現実のものとなった。その後、この規制をBに戻そうとする反動的な動きもあったが、諮問委員会の科学者たちの良心に守られて、現在までCのまま据え置かれている。

この大麻規制のランクを再びBに戻そうとして、昨年首相に就いたブラウンおじさんは、科学者が構成する諮問委員会に諮った。その結果、諮問委員会は、大麻規制をBに戻す科学的根拠はないと答申することを決めたという。

参照:イギリス政府諮問委員会(ACMD)答申/カナビスはC分類に据え置くべき

しかし、最終的に決定するのはブラウンおじさんだそうである。政府の最終決定は5月初旬とのこと。

さて、ブラウン首相は諮問委員会の科学者たちの見解を尊重するだろうか。それとも、人気凋落の起死回生策として、大麻の規制を元に戻すだろうか。現在のイギリスはマスコミを含めてリーファー・マッドネス状態なのだそうだ。日本と同じらしい。あちらは非犯罪化が為された上での話だが。

それではここで問題です。
これまで、諮問委員会の答申が尊重されなかったことはないそうですが、今回、ブラウンおじさんは、科学者たちの答申を無視してBに戻すか、それともCに据え置くか、どっちを選ぶでしょう?
次のなかから選んで下さい。

(1)どうせ落ち目だしヤケクソでBに戻す。
(2)諮問委員会の意味がなくなるので戻せない
(3)実はおじさんも大麻を吸ったことがある(但し吸い込まなかった)

正解した方の中から抽選で1名様に、私の執行猶予残り1年半をプレゼント!どしどしご応募下さい。
正解と当選者の発表は5月初旬。チャンネルはそのままで。

↓↓↓↓↓ご応募はこちらから↓↓↓↓↓↓

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター