読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

12名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
宗教と魂
白坂の雑記帳 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2008-05-31
白坂の雑記帳

宗教「信じない」7割、「魂は生まれ変わる」3割…読売調査
5月29日23時41分配信 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080529-OYT1T00923.htm

 読売新聞社が17、18日に実施した年間連続調査「日本人」で、何かの宗教を信じている人は26%にとどまり、信じていない人が72%に上ることがわかった。

 ただ、宗派などを特定しない幅広い意識としての宗教心について聞いたところ、「日本人は宗教心が薄い」と思う人が45%、薄いとは思わない人が49%と見方が大きく割れた。また、先祖を敬う気持ちを持っている人は94%に達し、「自然の中に人間の力を超えた何かを感じることがある」という人も56%と多数を占めた。

 多くの日本人は、特定の宗派からは距離を置くものの、人知を超えた何ものかに対する敬虔(けいけん)さを大切に考える傾向が強いようだ。

 調査は「宗教観」をテーマに面接方式で実施した。

 死んだ人の魂については、「生まれ変わる」が30%で最も多く、「別の世界に行く」24%、「消滅する」18%--がこれに続いた。

宗教を信じるか信じないか。魂は生まれ変わるか。議論としては、まず「宗教」や「魂」という言葉をどう定義するのか、という話になるかと思うが、万人が納得するような定義がなかなか難しい「宗教」や「魂」について、日本人がどう思っているのかを知る手掛かりとして、面白い。
この調査の設問全体がどのようなものだったのか分からないが、記事のタイトルに『宗教「信じない」7割』と書いてあるところを見ると、「あなたは宗教を信じますか?」というような設問があったのではないかと思われる。

あなたは宗教を信じますか?
私は、答えに窮してしまう。特定の宗教、例えば、キリスト教とか、仏教とか、イスラム教とか、あるいは各宗教のさまざまな宗派とか、宗教団体とか、そのような意味では私はどこにも属していないし、特にそれらを「信じる」という感覚はない。だからといって、別に疑っているわけでもない。「信じない」というほど意思的に否定する感覚もない。

「自然の中に人間の力を超えた何かを感じることがある」という人も56%と多数を占めた。

これもよく分からない。自然の中に人間の力を超えた何かを感じないことなど、私にはあり得ない。
今、外は雨だ。ずいぶん小降りになって、鳥の囀りが聞こえる。
それだけのことだが、これは人間の力でどうにかする話ではなく、人間もその一部である大いなる自然、あるいはこの存在そのものの神秘のなかで起きている。それは「人間の力」など超えているし、「人間の力」などちっぽけなものだと思う。

自然が猛威として人間に襲いかかることは、これまでにもあり、今この現在にも起きていて、これからもあるだろう。人間もその一部である大いなる自然を畏れ、祈り、感謝する感覚なら、私にもある。それは原始神道かもしれないと思ったりする。教祖もなく、教義もない。ちっぽけな自分や人間を超えた大いなる自然を、畏れ、祈り、感謝する感性。それもまた宗教であり、宗教性ではないだろうか。そうだとするなら、宗教は、私にとって、信じるものではなく、感じるものとしてある。

多くの日本人は、特定の宗派からは距離を置くものの、人知を超えた何ものかに対する敬虔(けいけん)さを大切に考える傾向が強いようだ。

それって、原始神道ではないのだろうか。

『宗教「信じない」7割』などと書かれると、なんだか日本人には宗教がないかのような印象を読者に与えかねないが、これは設問自体が、宗教を「信じるもの」として客体化・対象化する認識が前提になっている。

死んだ人の魂については、「生まれ変わる」が30%で最も多く、「別の世界に行く」24%、「消滅する」18%――がこれに続いた。

「生まれ変わる」と「別の世界に行く」というのは、どちらにしても魂が不滅であるということだから、足すと54%。
あるときは荒れ狂って人間に襲いかかる自然が、同時に豊穣の実りを与えてくれる。そのような万物の流転のなかに種としてのヒトも在る。
7割の人が宗教を信じていないというのは、日本人に宗教性がないということを意味しないと思う。「特定の宗派からは距離を置くものの、人知を超えた何ものかに対する敬虔(けいけん)さを大切に考える傾向が強い」のは、「信じる」のではなく「感じる」ものとしての、日本人の宗教観を表しているのではないだろうか。
全く神道的ではなかった一神教的な軍国主義としての国家神道のトラウマが、日本人の魂に流れる神道的感性を見えにくくしている側面もあるように思う。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター