読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

18名さま。クリックのご協力を! (7 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
医療大麻と厚労省
白坂の雑記帳 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2008-07-14
白坂の雑記帳

アメリカの大麻規制は日本より緩いと一般的に思われているようで、確かに医療使用を認める12州や、州レベルでは個人的な利用を非犯罪化しているところもあり、全体としては日本より規制が緩いと言えるかもしれません。が、欧州では個人的に利用する大麻は既に容認状態で、アメリカよりもさらに社会的に許容されています。
日本ではGHQの指令のままに大麻弾圧を開始して以来、ヘロインなどの蔓延に対処する厳罰化の流れで大麻の罰則も強化されてきました。少なくともアメリカでは大麻の医学的・社会学的研究が数々行われてきましたが、日本ではまともな研究は全く行われていません。かつて、厚生省麻薬課の課長は、禁止されているから研究できないと言いました。研究を禁止しておいて大麻が有害であるとプロパガンダしているのです。根拠も何もあったものではありません。
大麻の医療的な価値についても同様です。厚生労働省には仕事中にネットで遊んでる輩が大勢いるようですが、海外の大麻研究事例さえ把握していないのです。それは当方の情報開示請求で明らかになった、同省が所有している大麻についての全情報を見ても明らかです。厚労省には海外の薬物研究について情報を収集する担当者がいるにも拘らず、です。昼間はネットで遊んで帰りは居酒屋タクシーでしょうか。
参照:厚生労働省が持っている大麻情報の全て[情報公開請求への回答]

医療大麻に関するアメリカ連邦政府のデマは「カナビスに医療価値はない」をご参照下さい。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター