読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

11名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
日本における大麻合法化のカタチ(1)
白坂の雑記帳 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2008-09-26
白坂の雑記帳

・はじめに
相撲界の大麻騒動でもそうだったように、今の日本では馬鹿げた大麻弾圧にマスコミも加担している。

大麻取締法を所管する厚労省は根拠もないデタラメな情報をプロパガンダして、マスゴミがそれを垂れ流し、国民には「大麻はダメゼッタイ」という認識が刷り込まれている。大麻にはアルコールやタバコほどの害がないことはイギリス議会に諮問された科学者たちの報告でも明らかだし、医療目的で大麻を利用できる国もある。
日本では今のところ情報鎖国の状態だが、インターネットの時代にいつまでもこんな馬鹿げたことが続くわけがない。アメリカでは民主党の大統領候補オバマ氏は、以前は個人的に利用する大麻の非犯罪化を公言していたし、その主張をトーンダウンした後も医療大麻については容認の意向を示している。オバマが大統領になれば、少なくとも医療大麻の扱いがアメリカ社会でも見直される可能性が高い。1票入れたいが、被占領国の日本には選挙権がないので残念だ。
日本でも大麻の事実を知る者たちは確実に増え続け、大麻を見直す機運は必ず訪れるだろう。それもそう遠くない時期に。
では、具体的にはどのように大麻を社会的に扱えば弊害を起こさずに済むか。
不定期連載でこの問題を考えてみたい。

●アメリカ民主党大統領候補 全員が医療カナビス支持を鮮明に 2007/8/22
●オバマ候補、カナビス法の非犯罪化を支持 2008/1/31
●オバマ陣営、カナビス非犯罪化声明を撤回 2008/2/6

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター