読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
サンディエゴ郡の議員が合衆国最高裁へ州の医療大麻法を覆すよう訴える
NORML News : 投稿者 : 匿名 投稿日時: 2008-10-23

カリフォルニア:サンディエゴ郡の議員が合衆国最高裁へ州の医療大麻法を覆すよう訴える
サンディエゴ カリフォルニア 2008年10月23日

州最高裁は、第4地区地方上訴裁判所が判定し、州の条項において容認された、病気などの改善のためにカナビスを使用することは連邦の麻薬規制法と矛盾するものではない、との決定を覆す要求を却下した。

裁判官たちは満場一致で、サンディエゴ郡とサンバーナディーノ郡の役人たちから異議を唱えられた、上訴裁判所の下した裁定の再審議を拒否した。その両方の郡の議員たちは、州法で定められている、州承認の医療大麻患者IDカードの発行を拒み続けている。

この裁判所の決定に続き、サンディエゴ郡のスポークスマンは、彼らの弁護士チームは合衆国最高裁へ再審議を申し出る、と言った。

郡の決定について、NORMLの顧問弁護士Keith Stroupは言う。 "一部のサンディエゴとサンバディーノの向こう見ずで、これが最後のチャンスである奮闘は、政治家たちが法に明瞭さを探すためではない。郡の議員たちの、医療大麻使用への抵抗である" "議員たちの傲慢な態度は、選挙区民に対して無礼であり、納税者たちが払ったドルの酷い無駄遣いである"

2006年、高等裁判所裁判官William Nevittは、カリフォルニア州におけるCompassionate Use Act(*1)の修正により、州は認定患者にIDカードを発行しなくてはならなくなったが、"それは[連邦法との]'明白な矛盾'を生み出すものではない"と裁定した。

第4地区地方上訴裁判所の裁判官たちは、Nevitt氏の判決に賛成する裁決を3-0で下した。
"その[連邦]法は、マリファナ所持に関する犯罪罰則を強制しているものではなく、郡へのカード発行要求はカリフォルニアが犯罪罰則を科さない人々を識別することであり、それで米国規制物質法との明白な矛盾が生じるものではない"

For more information, please contact Keith Stroup, NORML Legal Counsel, or Allen St. Pierre, NORML Executive Director, at (202) 483-5500.

California: San Diego Supervisors Ask US Supreme Court To Overturn State Medical Marijuana Laws
http://norml.org/index.cfm?Group_ID=7730
updated: Oct 23, 2008

(*1) 医師により大麻療法が有効だと認められる深刻な病を持つカリフォルニア州民の医療大麻使用を認めた法。
--------
翻訳:のの
なんでこの2つの郡はこんなに頑固なのでしょうか?

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター