読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
村上春樹「うずまき猫のみつけかた」
白坂の雑記帳 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2008-11-14
白坂の雑記帳

談話室で教えてもらったのだが、1996年に出版された村上春樹氏のエッセイ「うずまき猫のみつけかた」に、次のような記述があるそうだ。



でもアメリカに住んでいると、けっこうマリファナを吸う機会はある。とくに団塊の世代の大学の先生に会うと、「おい、ハルキ、いいのがあるけど、一服やらんか?」ということになって、もちろんあえて断る理由もないから「やろう」ということになって、彼の部屋に行って、古いディランなんかをほのぼのとなごんで聴きながら「いいじゃん懐かしいじゃん」ということになる。例の映画『アニマル・ハウス』でドナルド・サザランドが演じたヒップな英文科の先生の雰囲気そのままだ。

ボクはずいぶん前に健康のために煙草をやめた人間だけど、経験的に言って、マリファナというのは煙草なんかより遥かに害が少ない。煙草と違って中毒性もない。だからマリファナをちょっと吸ったくらいで、まるで犯罪者みたいに袋叩きにあうなんていう日本の社会的風潮は、まったく筋が通らないのではないか。アメリカでは個人的に楽しむ程度の大麻吸引はだいたたい大目に見られることが多いし、州によっていくらか事情は異なるが、所持しているのが警官に見つかっても、問われる罪は罰金程度のものであることが多い。それくらいの法律運用が妥当なところだろうと思う。

でも断っておくけれど、僕は日本では絶対にマリファナは吸わないです。それほどのリスクを犯す価値のあるものでもないから。

現在のヒステリックで異常なまでの大麻バッシングを村上春樹さんはどう思っているのだろう。忌野清志郎さんとか、井上陽水さんは、どう思っているのだろう。
何とか言ってちょーだい。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター