読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

13名さま。クリックのご協力を! (5 名が 公開フォーラム を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索

Re: 9月2日(月)の日記

対象モジュール 一般公開記事
件名 9月2日(月)の日記
要旨 朝から雨。昼過ぎに山小屋を出て松本簡易裁判所に車で向かう。Yさんに訴えられてしまった。彼が服役中に私に送ってきた、彼の裁判記録を返せ、返さないなら検察で謄本を取る費用を...

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 9月2日(月)の日記

msg# 1.2
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013-9-11 15:23
白坂@THC主宰    投稿数: 2124
そういえばの追記
当時は敢えて書かなかったけど、あの裁判での主張に関する本質的な話。

「自分は長年大麻を吸っているけど、健康診断の結果を見ても何も問題はないし、日常生活にも問題はないので、自分に大麻取締法を適用するのは憲法違反である」という主張。

これ、論理的に成立しない。現時点では問題ないかもしれないけど、それは将来に亘って問題が生じないことを何ら証明していない。将来に亘っても問題は生じないことを含めて論証するなら、統計などを含めて、結局は大麻の無害性を科学的に立証する必要がある。なにせ司法は大麻は有害だと言い、それを前提としていたのだから。

そして、大麻の無害性を科学的に主張するなら、それはもう自分だけの問題としての「適用違憲」の話ではなくなり、法律の罰則規定そのものがおかしいという「法令違憲」の主張になる。

適用違憲として認められる場合があるとすれば、前田さんが裁判で司法から答えを引き出した通り、大麻の使用によって治癒効果が認められる難病など、特段の事情がある場合、という話になるでしょう。

つまり、特段の事情もなく、「自分は大丈夫なのだから、自分に大麻取締法を適用するのは憲法違反だ」とする主張は、立論の前提を欠いており、憲法違反という単語が目眩ましになっているが、法律論としては単なる法治主義の否定でしょう。自分だけは守らなくていい、と言っているわけだから。それはそれでひとつの考え方ではありますが。

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター