読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
大麻取締法違憲論裁判 > 桂川さん裁判
もはや大麻しかない
桂川さん裁判 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2009-01-18

2002年の冬。桂川さんがネットに掲載したエッセイを採録します。タイトルは「大麻を吸ってこの国の役人達の欺瞞を見抜こう」でした。

サブ・タイトルは「もはや大麻しかない」。読み返して、改めてその通りだと私は確信しています。今は私は栽培も所持もしていません。合法的に言論を通じて取り組んでいます。が、このような文章を掲載できるのは、既に逮捕された者の特権のようなものでしょう。


★ ★ ★


もはや大麻しかない

大麻はマリファナであり、昔から日本で栽培されてきた麻である。

大麻使用の有益性が世界周知の事実となっている今日、わが国で大麻を規制する理由は、保健衛生上の問題でも社会秩序の問題でもなく、ただ単に「法律にそう定められている」というだけである。

私たちは十年近くに亘りあらゆる機会をとらえて、刑罰をもって大麻を規制することの不当性を、管轄する省庁、摘発に携わる現場の役人たちに訴え続けてきた。

だが、彼らの答えは必ず「だったら法律を変えろ」である。
これが国民から社会正義を付託され、国民の生命と財産を守るために働く公僕たる人たちの認識だという。

よくも主権者をたばかったものである。

「税金泥棒」という言葉がある。
これは高度成長期の頃、自衛隊の蔑称だった。
冷戦下において自衛隊はまったく無力だったことと、戦争に負けて、戦争責任を一人負わされた軍人には何の権威も発言力も無かったからだ。

しかし戦争責任を問うのなら、役人のほうこそより重大だったはずだ。
帝国軍人は自国民には銃を向けなかったが、内務省の役人達は戦争遂行のため国民の思想を統制し、それに従わない者は投獄した。
その理由も今からすれば「法律がそうなっている」だけである。
そして未だにその責任はとっていない。

戦後、日本は軍事国家から平和民主国家に生まれ変わったと私たちは学校で教わったが、事実はそうではなかったのだ。

占領軍がやってきて、戦前からの体制から軍人だけが追放され、内務省を中心にした官僚システムは日本統治のために、名前を変えて温存された。

現在、大麻規制に関わる法務・検察、警察、厚生労働等は旧内務省を母体にしている。

役人達は国民のために働いているのではなく、自己存続のため、権益を守るため、意識の自由を封印し、強いものに従っていることを麻は教えてくれている。
それは愚かしくも悲しい滅びの道である。

振り返って、違法下の日本で大麻を吸っている者は幸いだ。
人生のどこかで、身の保全より意識の自由を選択したからだ。

それは、人が何を吸おうが何を食べようが、そんなことは己自身には関係ないということなのだ。

人の行為で自らに危害が及ぶなら、それは自分に原因があることを自由な意識の者なら理解できるのだ。
そして、自らが変わらなければ世界は変わらないことを葉っぱ吸いは知っている。

だから私達はより多くの人に大麻を教え、より多くの人と大麻を吸っている。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター