読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
FAQ【よくある質問】
スイス国民は大麻の非犯罪化に反対しているのではありませんか?
FAQ【よくある質問】 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2009-02-07

Q:ヨーロッパでのドラッグ政策は、アメリカの非寛容政策と距離を置くハームリダクション(害縮減)政策が主流だと言われますが、昨年11月に行われたスイスの国民投票では、大麻の非犯罪化が否決されています。スイスでも国民の多数は大麻の非犯罪化に反対しているのではありませんか?

A:まず大前提として、既にスイスでは個人使用目的の大麻を少量所持していたところで処罰の対象にはなりません。
確かに昨年11月の投票で、個人による大麻の使用と栽培の非犯罪化を求めた住民発議(イニシアティブ)は否決されました。しかし、その理由ははっきりしています。
大麻そのものの害が問題になったわけではなく、タバコやアルコールなどと同じような規制のもとでスーパーなどでの成人への販売を認めるように求めていたために、オランダの国境の都市が見舞われている災難と同じようなドラッグ・ツーリズムがスイスにも起こるのではないかという懸念が大きくなったためです。

これは、同時に行われたヘロイン・プログラムの投票が、圧倒的賛成で恒久化されたことを見てもわかります。これにより、ヘロイン中毒者はプログラム・センターを1日に2回訪れて、政府に認可されたラボで製造されたヘロインを受け取ることができるようになりました。

ヘロインの量は慎重に計量され、クリーンな注射針と注射器は名前が張られたカップに入れられて提供されます。部屋には看護師が付き添い、4人が同時に自分で注射するようになっています、また、精神科医やソーシャルワーカーのカウンセリングも受けられるようになっています。

つまり、ヘロイン中毒者は、きちんと製造されたヘロインを政府から無料で支給されることになったわけです。大麻のほうがヘロインより危険性が少ないという点からすれば、投票で否決されたのは大麻の健康への懸念が理由ではないことがわかります。

また、今回の投票が、大麻に対する政策を緩和する代わりに厳しくすることを求めたものでないことにも注意しなければなりません。実際、以前には大麻を犯罪化するイニシアティブも行われていますが、スイス国民は大麻を使っても中毒にならないことが分かっているので、やはり否決しています。

スイスの政治状況については、2002年以降の世界的な右傾化の影響をうけて、2003年の総選挙で国民党が4位から第1党に躍進したことで大きく変わりました。

国民党は人種差別主義的との批判を受けるほど攻撃的な移民政策を掲げて、移民に対する世論の反感と背景に支持を拡大しています。2007年10月行われた総選挙でも国民党が大きく伸びて第1党の地位をさらに強固なものにしています。

今回の大麻のイニシアティブでも 「スイスがヨーロッパのドラッグのメッカになってしまう」として最も強く反対していたのが国民党です。

移民問題では世界的な不況でますます圧力が強まりそうですが、与党側でも経済政策に決定的に失敗することもありえますので、今後の流れを予想することは非常に難しいですが、ヨーロッパでの大麻問題が、健康問題ではなくドラッグ・ツーリスト問題に移行してきているという点は押さえておく必要があると思います。

スイスの大麻規制
○関係法律:1924年制定の連邦薬物法(Swiss Federal Narcotics Law:LStup)
○罰則:罰金あるいは1年以下の禁固
○付記:州(canton)によって法運用に差があり、売買などに対して西部フランス語圏では比較的厳しい法運用がなされているが、個人使用目的の所持で罰せられることはない。
2007年を含め過去に数回連邦議会で大麻合法化の法案が提出されているが否決されている。

参照

  • スイスの住民投票 カナビス非犯罪化発議を否決 ヘロイン・プログラムは恒久合法化(2008-11-30)
  • スイス連邦議会 カナビス合法化国民発議を否決(2007-12-10)
  • スイス連邦 カナビス非犯罪化国民投票実施へ(2008-07-14)
  • オケイジョナル・カナビス・ユーザーは社交的で心理・社会的問題率も高くないスイスのティーン調査報告(2007-11-06)
  • イタリアとスイスの両政府 医療カナビスの合法化を計画(2006-10-29)
  • スイスの新ドラッグ政策 連邦薬物委員会が提言(2005-05-24)
  • The Swiss experience by Ed Rosenthal.(1999-03-1)


  • 麻は広いなー大きいーなー いーってみたいーなー よそのーくーに~♪
    Purple skunk: hardy with a strong central stem that can hold a large bud.

    ★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

    0コメント


    印刷用ページ  このニュースを友達に送る

    コメント一覧

    0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

    新しくコメントをつける

    題名
    ゲスト名   :
    投稿本文
    より詳細なコメント入力フォームへ
    HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

    制作・著作 大麻報道センター