読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

20名さま。クリックのご協力を! (12 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
コラムやエッセイや読み物 > 今週のマスコミよかった大賞
ニューズウィーク 6.3号 【今週のマスコミ良かった大賞】
今週のマスコミよかった大賞 : 投稿者 : 匿名 投稿日時: 2009-05-29
今週のマスコミよかった大賞

麻薬戦争 取り締まりは限界、解禁を求める声

麻薬解禁を求める声は国家による管理をきらう一部の急進主義者の主張だったのは過去の話しだ。
今や国家の指導者の主張でもある。

何やら、この過激な書き出しで始まるレポート、今の日本の話ではまだない。世界の話しだ。
メキシコ・ブラジル・コロンビアの元大統領職及び現職のメキシコ大統領カルデロンが、麻薬戦争に疲弊して一部の麻薬の解禁を求めている。
アメリカでは、オバマ大統領も前に「アメリカの麻薬政策は完全な失敗だった。」というような発言をした。

まずは、これまでの麻薬戦争がうまくいってないということがあげられる。アメリカは2000年よりコロンビアのコカイン排除に毎年60億ドルを投じている。ところが栽培面積は15%も増加しているのだ。
ヘロインや大麻もわずかづつではあるが増加している。

麻薬を解禁してしまえば、麻薬戦争に投じていた費用を啓発活動や更生治療にあてることができる。
ポルトガルでは、あらゆるドラッグを解禁しているが、若者の使用量が急増することなく、逆に麻薬による死亡者数が減少している。
今年3月、米司法省は医療目的で大麻を販売する業者を訴追しない方針を決めた。
また、カリフォルニアのアーノルドシュワルツネッガー知事は大麻を解禁して課税する提案をしている。

というような話がね、具体的に続くわけですよ。

結論:改革派によれば麻薬解禁は世界の流れである。

なんかねえ、このレポート、たんたんと感情こめずに書かれてる感じなんだけどねえ、それがかえって現実味があって、ああ、やっぱり、将来大麻は解禁されるんだなと思うわけです。なんて。いや、ほんとに。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター