読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

16名さま。クリックのご協力を! (13 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
質問と対話 > (財)麻薬・覚せい剤乱用防止センターとの対話
2008年10月27日 冨澤専務理事は情報は既に見直したと言った

昨日の記事で取材録音を公開した通り、2007年3月に、(財)麻薬・覚せい剤乱用防止センター(以下「ダメセン」と表記)の糸井専務理事は、ダメゼッタイの薬物情報を見直す予算が取れたので、外部の専門家を招き、検討委員会を設置して、薬物情報の内容を改めると明言した。

その後、糸井専務理事は、(財)長寿社会開発センターという別の公益法人の専務理事に渡り、入れ替わりに同財団法人から冨澤氏がダメセンの専務理事として渡ってきた。
昨年10月27日、冨澤専務理事に電話で取材したところ、ダメゼッタイとして国民に周知教育されている薬物情報は、既に複数の専門家によって見直しが行われ、「修正した内容を頂戴した」、更新は「できるだけ早くやりたいと思っている」、現在の情報は「古いと思っている」、「目標としては年内にアッフする」と言った。しかし、今も尚、ダメゼッタイの薬物情報は、冨澤氏も認める古いままになっている。

天下りや渡りは、気楽な稼業ときたもんだ。

政権与党である公明党は、ダメセンが外部に委託して運営している薬物乱用防止教育のキャラバンカーの拡充を行ったという。薬物乱用防止教育に力を入れることに異論はないが、問題は、その中身である。天下り公益法人の予算を増やすことが公明党の目的ではないだろう。
政権与党である公明党には、医学的根拠のない薬物情報を国民に周知しているキャラバンカーを増やしたことについて、道義的な責任だけでなく、政治的責任があるだろう。

●2008年10月27日 ダメセン冨澤専務理事への電話取材の録音 mp3 5.56MB 6分4秒

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター