読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

25名さま。クリックのご協力を! (14 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
 > かっちゃんの薬物乱用問題考察
薬物乱用問題:政策不在の日本 考察1-2
かっちゃんの薬物乱用問題考察 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2009-08-14

○呈示された表はいろいろな問題を示してくれる
この「全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査」は、乱用薬物の使用データをいろいろな角度から調査し、表もある。その読み方によれば日本の市販薬も含めて薬物問題の中で薬物依存症、あるいは薬物中毒の問題がかなりよく見える。

特にいろいろな角度から得た数字を「表」にしてまとめてあるが、限られた数字だが日本における現状をよく示していると言うことが出来ると思う。

表1 精神科医療施設の種別と回答状況

表1 精神科医療施設の種別と回答状況
(クリックで拡大)



表2 主たる使用薬物別にみた症例数(%)


(クリックで拡大)


全国1658施設に問い合わせ、そのうち、回答があったのが837と約半数で、そのうち75施設で症例ありと言うことである。全国の精神疾患医療施設のうち4.5%以上は薬物乱用による症例の患者がいると言うことである。

表の2を見ると、主たる使用薬物別に見ると覚醒剤が全体で453例のうち233と過半数に達しているが、有機溶剤についで睡眠薬、抗不安剤、鎮痛剤、鎮咳剤などの医師の処方薬、あるいは市販の薬などが多いことも気がつく。
これらを言い直すと、合法的に入手可能な薬物使用が原因で精神疾患にかかるものが非常に多いという事がわかるのである。

次に、この表では多剤(医薬品)と多剤(規制薬品)という項目がある。それぞれ16例と12例である。そして大麻由来の精神疾患症例は17例がある。これを見て違和感、あるいはおかしいと感じる人は多いと思う。ドラッグの危険性を言うなら覚醒剤由来の233例はいかにも多い。それに比べて危険だと言われる大麻由来は17例、さらに有機溶剤77例、睡眠薬44例、抗不安剤7例、鎮痛剤11例、鎮咳剤16例と、個々の乱用薬物としてそれ程厳しく取り締まられてもいない上に、しかも身近に様々なものが意外に多くあると言うことになる。以上は主たる使用薬物の使用によるものである。

この項つづく

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター