読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
フロッガー医師の検証
うつ病と医療大麻に関する個人的考察 by Dr.フロッガー
フロッガー医師の検証 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2009-10-19

うつ病に関してはもう少し調べる必要があると思いつつも、精神科の論文は読みなれないため、手をつけかねている感じです。そんな中での印象としては(あくまで印象ね)・・・、



  • 現在ある抗うつ薬は、とりあえず飲んどけば気分を上げるといったものがほとんど。おかげで、精神科でない素人医者もSSRIなどを安易に出してしまっている。(イイのかな?)
    逆にいえば、素人でも扱えるような薬が良い薬として出回りやすいのだと思う。
  • 大麻は患者によっては大変不快な経験をし、かえって悪化することがあるらしい。もちろん良くなる場合もあるようだが。
  • このような薬剤の場合、通常の薬剤評価がそぐわないかもしれない。
    (統計学的な差が求めにくい。また投与法に工夫がいるとすれば施設間のばらつきがでやすい。)
    つまり、現在の治験システムだとどこでも簡単にできる治療法ほど、治療効果を証明しやすいから。
  • 患者の選択が必要なのかもしれない。病気のタイプによる違いとか。後はカンナビノイドレセプターの亜型によって違ったりしたら面白いな。
  • また、大麻の場合サイケデリクスの精神科治療と同様、ただ投薬すればよいというものではないのかもしれない。
    心理療法のセッションの中で使っていく、つまり、治療者が患者を導いていくような形で使っていくと良いのではないか。
    (LSDもそのような形で探求が始まっている。らしい。)それは、かつてのシャーマニズムに近い形であろう。それには治療者のテクニックが必要になるだろう。
  • そういった治療の在り方は古くて新しいものとなるだろう。しかし、シャーマン・メディスンマンの修行は大変そうだな。
  • 一般にうつ病とうつ状態が混同してとらえられている様に思う。そのための誤解もあるのではないか。つらいことがあって落ち込むのは病気ではない。そういった事に用いるのは有効かもしれないが、医療と言うよりは嗜好品の分野になる気がする。

マリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナマリファナマリフアナマリファナ


本稿の初出:Dr.フロッガーのブログ/うつ病と医療大麻に関する個人的考察

 

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター