読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (3 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
コラムやエッセイや読み物 > 今週のマスコミよかった大賞
プレイボーイ 11.9 判決直前 難病患者の悲痛な叫び「医療大麻を使わせろ!」【今週のマスコミよかった大賞】
今週のマスコミよかった大賞 : 投稿者 : 匿名 投稿日時: 2009-10-28
今週のマスコミよかった大賞

プレイボーイ 11.9 No.45 判決直前 難病患者の悲痛な叫び「医療大麻を使わせろ!」
クローン病、多発性硬化症… 治療・鎮痛目的の使用は有罪か、無罪か?


THCではおなじみの成田さんの医療大麻裁判の記事が2ページにわたって載ってる。
成田さん、今までで一番かっこよく写ってるんじゃない。だんだん洗練されてきたっていうか。これからマスコミに時々出るようになるかもね。応援してます。

で、成田さんはクローン病の患者で、昨年11月、自らの治療目的で大麻を所持していたところを逮捕された。そして、今東京地裁で「医療目的での大麻使用を日本でも認めて欲しい」と訴えている。
クローン病は原因不明の病気で今のところ有効な治療法がないんだな。ところが、大麻がこれにばっちり効いちゃうっていうからすごいじゃない。

カリフォルニア大麻医療研究グループ会長のジェフェリー・Y・ヘルゲンラザー医師も成田氏の裁判において意見書を提出しているよ。ほかの療法と比較した大麻の無害性、許容度、鎮痛、抗炎症、鎮痙及び免疫調整特性は別格であるとして、大麻使用を「医学的見地から必要なもの」だって。

もう遊びじゃないのよ、大麻は。人類救済なのよ。
アメリカ、オランダ、カナダ、イスラエル等々、医療大麻は認められてきてるのよ。
なのに、なんで日本では認められんのよ。

監督官庁、厚生労働省監視指導・麻薬対策課の言葉
「大麻の医療効果についてはいろいろ言われてますが、それらが効果があるとはまだ考えられません。もっと有効なデータを待って議論していくべきもの。まだその段階ではない。」

なにを悠長なことほざいとるんだ。世界的に大麻で救われてるのを横目で見ながら、日本国民が死と格闘しとるというのに。クローン病患者は日本に2万7千人だよ。

9月28日に行われた論告求刑での検察証言は「医療目的は卑怯な言い訳で、嗜好目的で使用していた。」
何を根拠に失礼な。だいたい嗜好目的が悪いのか。犯罪目的じゃないぞ。単に個人的に楽しむでしょ。これ悪なの?

あのさあ、クローン病治すため大麻をとったら、気持ちよくなっちゃって、音楽聴いたら最高だったし、セックスしたらすごく気持ちよかった。ほらみろ、お前楽しんでおるじゃないか。あっ、あの、でもね、クローン病もよくなりましたよ。そんなこと問題じゃない、最後の楽しんでたってところが、嗜好目的だからだめなんだって。って、何を取り締まりたいんだよ。

弁護士さんいいこと言っとるねえ。
「覚せい剤取締法が『医師や医師から指示を受けた者が覚せい剤を使用できる』とするのと比べても、大麻取締法は異常である。成田さんの大麻使用は自らの命をかけた治療のための行為であり、憲法上の保障を受ける基本的人権。そして大麻取締法3条及び4条が、医療目的での使用の例外規定を設けていないことは違憲である。」

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター