読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
コラムやエッセイや読み物 > 今週のマスコミよかった大賞
ニューズウィーク 4.14号 マリファナ合法化の損得勘定【今週のマスコミ良かった大賞】
今週のマスコミよかった大賞 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-04-10
今週のマスコミよかった大賞

ニューズウィーク 4.14号 マリファナ合法化の損得勘定 米社会 カリフォルニアで乾燥大麻が合法化されれば、赤字の州財政が救われる?

by サル・パラダイス

アメリカのカリフォルニア州で、マリファナの合法化が達成されそうだ。
マリファナ、つまり大麻が禁止された期間は人類の歴史ではたかだか5~60年だ。アメリカの禁酒法の時代が2~30年だから、その倍くらいかな。

実質、アメリカによってマリファナを禁止されてきた世界は、アメリカによってその禁を解かれようとしている。
ロシアを含むヨーロッパのほとんどの国がマリファナは非犯罪化だが、完全合法化となるとカリフォルニアがはじめてではないか。ヒッピー発祥のこの地が、マリファナ解禁の楔となるのだろうか。これは人類にとって大きな一歩となるのだろうか。

答えはイエスである。

この影響は世界へ伝播する。どれくらいの期間をかけるかは、人々の想念によると思うが、流れは完全にこっちだ。オレは、それはかなりのスピードをともなって起こると思ってるよ。

カリフォルニア州オークランドで「マリファナ専門学校」を運営するリチャード・リー(47)は、カリフォルニア州でマリファナの使用合法化に関する住民投票を行うよう先頭を立って求めてきた。努力は実り、それは今年11月に実施されることとなった。

住民投票で合法化となった場合、カリフォルニアでは21歳以上なら約28グラムまでは栽培と所持が認められることとなる。

数百億ドルの赤字を抱えるカリフォルニア州のアーノルド・シュワルツネッガー知事も合法化に関する「議論」を歓迎している。

ウィリー・ブラウン前サンフランシスコ市長は最近、新聞への寄稿記事で、「合法化に目くじらを立てる人はもういない」と述べた。

果たして、マリファナ合法化による経済効果はどれほどなのだろうか。
ハーバードの経済学者ジェフリー・ミロンの試算によると、国が大麻取締りに要する費用は年間130億ドル、逸失税収は70億ドルに上るという。つまり、大麻を禁止にしてることで、アメリカ国は毎年、日本円で2兆円あまりの損失を出しているということだ。

今年、オークランドでは特別大麻物品税が施行されたが、これは売り上げ1000ドルごとに18ドルを徴収する仕組みで、これによる今年の税収を100万ドル(1億円)と市は見込んでいる。
他の経済効果も期待できる。先のリーによれば、「オークランドには、実際雇用が生まれ、活気が戻っている」とのこと。

さて、ABCテレビとワシントンポスト紙の共同調査によれば、マリファナ合法化を支持するアメリカ人の割合は47年には22%だったが、今では46%である。フィールドリサーチ社の調査によると、カリフォルニア州民の56%がマリファナ合法化と課税に賛成しているという。

11月のカリフォルニア州での住民投票での結果はどうでるだろうか。

カリフォルニア大学バークレー校のロバート・マックーン教授(法学・公共政策)の言葉。

「世界は変わった」

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター