読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

12名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
コラムやエッセイや読み物 > 医療大麻を求める患者の声
医療大麻を求める患者の声(10) 後遺障害から派生した傷病について
医療大麻を求める患者の声 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-06-03

by はるく

後遺障害から派生した傷病について
交通事故で負った怪我により長期の入通院が必要となり、後遺障害として脊柱の変形障害、カウザルギー発病に伴う右下肢機能全廃等となった為、著しい運動不足に陥り急激に体重が増加した。(交通事故に遭う前の数年間は体重68kg~72kgの間でほぼ一定、交通事故遭遇時68kgの体重が現在は約98kgと、約15年の間に30kgもの体重増加)
その体重増加(肥満)を主原因とする糖尿病、脂肪肝、高血圧、高脂血症を発病しました。発病が判明した理由は、長期に渡る服薬で副作用が出ていないか調べる為の血液検査です。血液検査により、数値に異常が見つかり内科受診を薦められました。現在、通院にて治療中です。

同様の理由から閉塞型睡眠時無呼吸症候群も発病しました。
発病が判明した理由は、整形外科へ入退院を繰り返し、数度目の手術を行っていた時に、主治医及び、看護士に指摘された為です。耳鼻咽喉科の受診を薦められて、同院にて受診しましたが、睡眠時無呼吸症候群の専門外来が無い事を理由に、症状が酷くなったら近隣の医大へ行くようにと勧められました。その後の入院時に症状が酷くなっていると整形外科の主治医、看護士に再指摘されたため、医大の耳鼻咽喉科を受診した処、重度の閉塞型睡眠時無呼吸症候群と診断され、在宅療法として鼻マスク(CPAP:持続陽圧呼吸療法)使用による治療中です。

さらにはカウザルギーの発作性電撃痛を起因とする鬱状態となっております。
私は以前から日常生活に支障がある疼痛の為、鬱症状を自覚はしていましたが、精神科に掛かる必要がある程ではないと思っていました。しかし、それは麻酔科にて、疼痛コントロールの為に抗鬱剤も使用していた事で自覚し難かっただけのようです。
どうしても自分で制御が効かない精神状態に陥った時、麻酔科の主治医に相談すると、精神科を受診するように薦めて頂き、精神科の医師に疼痛と深い因果関係にある鬱だろうと言われました。

こんなボロボロな身体になってしまい、この様な状態の日々からどんな手段を使っても逃げ出したいと思う事は当然の事ではないでしょうか? どんな手段を使っても私が少しでもまともな日常生活を願う事は間違っていますか?

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター