読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

11名さま。クリックのご協力を! (11 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
被告人本人による上告趣意書(8) 大麻取締法による人権侵害
白坂裁判 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2004-06-29

2.人権侵害の実態について

 以下、取締当局や裁判所が、大麻取締法を盾に、税金を使って、どのような人権蹂躙を行っているか、その実態の一部を、私自身が参加するニッポン マリファナ ラヴァーズ
http://nipponmarijuanalovers.fc2web.com/index.html)の「逮捕者の手記」から引用する。

「■ hightimerのケース(当時33歳,男性)

・ 捜査の端緒
弟の友人が家宅捜索を受け(覚醒剤所持容疑)、冷蔵庫内より私が譲った大麻バターが発見されたため。

・ 当時の社会的環境
父の飲食店(一階)を手伝いながら、自分で開いた飲食店(二階)が、3年目を迎えていた。
家族構成は妻と3人の子供達(当時7歳、5歳、1歳)。

・ 前歴の有無
過去に逮捕された事は一度も無い。

・ 他の規制薬物との絡み
捜索にきた刑事から「覚醒剤があるだろう」と言われたが、他の薬物などは一切使用、所持はしていなかった。

・ 捜査の過程
刑事達がきた時、私は父の店を手伝っていた。譲り渡したのが二階厨房内だったため、営業時間中(午後8時頃)に6人の刑事が二階店内及び実家(棟続きで二階厨房内より出入りできる)を捜索。ちょうど私の店に客は居なかった。そしてアルバイトに一階の父の店を手伝うように伝えた。
閉店にする事も許されず、捜索途中に客が入って来たりしていたので、そのたびに断っていた。「大麻(乾燥物)を出せ」と言われたが、既に無かった。座敷が3部屋あり、真中の部屋に座らせられ、一人の刑事が対座していた。
何かいろいろ聞かれたが、何も覚えていない。他の刑事達は、何か目ぼしい物があるとその部屋に持ってきて、対座した刑事がそれについて質問していた。
厨房の天井に屋根裏収納への入り口があり、何があるか聞かれたので、栽培中の大麻があると言った。
栽培室からクローンされた9本の大麻草が発見された。その他、冷蔵庫から大麻バターも見つかる。
同時に自宅も捜索されていた。妻の母に来てもらい、子供を連れて行ってもらったと妻から聞いている。全てを引っ掻き回され、気持ち程度に元に戻す程度だったらしく、何がどこにあるか全くわからなくなったと妻が言っていた。自宅からの押収物は、大麻に関連している書籍だけだった。

・ 逮捕
逮捕状は大麻取締法違反容疑(当初は所持と売買の容疑)だった。取調べを重ねていくうちに、栽培記録などから、栽培の罪に切り替わった。

・ 逮捕時の様子
大麻草確認のため水溶液に葉っぱをちぎって入れる。ほんのりと色が変わった事を私に確認後、現行犯で逮捕される。真っ黒な冷たい手錠をその場でかけられた。
立会人として父が上がってきていた。彼は平静を努めていたんだと思う。私は大きな声で父に「ごめんなさい」と言えなかったのが今でも悔やまれる。

・ 弁護士の選任  
金銭面でとても私撰は無理だと思い、警察署内での簡単な確認作業中(到着が夜遅かったため)に、国選で頼むと伝えた。その後友人も逮捕され(私の栽培していたクローンの親株を発芽させた栽培罪)、その両親が知人の紹介で私選弁護士を頼んだ。
私は拘置所に移管された日にその弁護士が面会に来て、妻に頼まれたと言って、友人と私の私選弁護人であることを知った。紹介があったと言う事で、30万円の弁護費用を2人で折半する事になった。

・ 勾留中の取り調べ      
事件の内容を把握し、裏付けが取れるまで毎日取調べを受けた。最初の数日間は朝から夕方時には夜という事もあった。生まれてからのデータを集めるかのようにいろいろ聞かれた。
2日目には朝から大声で怒鳴られる。それは私から聞きだすための手段(自供させるための嘘)だった事がわかり、その場で刑事に注意した。この事件では他に逮捕者が3人いて、彼らの正しい証言と、警察の知りたい情報を質問に織り交ぜられながら、脅されたり(実刑になる・裁判に不利・大声で怒って聞く等)宥めたり(全部言ってきれいになれ・やり直しが聞く・お前の事を心配している、信用している等)されながら聞かれた。
私は出された人名や事実については嘘をつかず話した。警察側の知りたい質問には「知らない」で通した。

・ 逮捕後に反省の色を示したか否か
自分では反省をしていたつもりだった。しかし、担当刑事の取調べや検事調べで、大麻を理解して欲しいという気持ちがあった。そのために、そういった話をしたことが、反社会的で反省の色が無いととらえられた。
接見禁止が解けて、妻が接見にきた時にその事を言われ、一緒に逮捕された友人の事もあるのだから「しっかり反省して」と涙ながらに言われた。主犯である私によって友人に迷惑をかけられないと思い、裁判を争うという考えは無くなった。

・ 起訴      
拘留延長によって最長の20日間(実質15日ほど)の取調べを受け、拘留が切れる日に起訴状を留置場にて確認する。私の友人は拘留延長されずに私と同罪で起訴された。事件の発端となった弟とその友人は、起訴猶予で10日間で釈放されていた。

・ 保釈      
友人は私撰弁護士により2週間ほどで保釈金100万円で保釈された。
私の場合、弁護士が保釈申請が通らないかもしれないと伝えられていたが、逮捕後約一ヶ月で保釈金120万円で保釈された。弁護士料は全額返還(裁判をきちんと受ければ全額戻る)された際にそこから支払った。

・ 公判      
罪状認否と判決の2回開かれた。供述した事をすべて認め、早く結審して欲しいと思った。保釈され、現実社会への生活に戻り、改めて反省している事を強調した。

・ 求刑      
一年六ヶ月。本人は全く反省しておらず、再犯の恐れがある。

・ 判決      
懲役一年六ヶ月、執行猶予三年。大麻は精神的作用があることに違いなく、法で規制されている事を知っていて栽培した罪は重い。

・ 事件による被害 
逮捕時の「お前の人生どーにでもできるんだ」と言われた事や、「新聞にも出るぞ」と言われ、一万人そこそこの小さな町の大きな事件だったため、全てを失った、人生が終わったと思った。
始めの二日間は、取調べを受けていない時に、起きていながら夢を見たりしていて、心が壊れていくようだった。
子供が私の件でいじめにあった。子供本人は泣きながら帰ってきたが、理由は決して言わなかった。担任にはその事を伝えたが、知らなかったらしい。
幼稚園に迎えにいくと、子供達が帰りに遊ぶ約束をするのだが、はっきりと避けられたり、挨拶をされなかったり、親が遊ばせないようにさせていた。
小さな町なので、自分自身で街中での行動を不自由に感じていた。そのため人目につかない通りを選んで通り、買い物など人の多いところにはめったに行かなくなった。
なぜかテレビの娯楽番組に全く興味を失い、笑う事が無くなった。
判決を受けて一年半以上経つが、未だに人目が気になる事がある。
最近の事を挙げると、母が仙台に住む叔母から連絡を受け、心配していたと言っていた。話を聞くとテレビで顔写真つきの報道をされていたという。私はそれを聞いて絶句した。
その他妻が言われた事で、逮捕後二ヶ月経ったころ、夏祭りに子供を連れて歩いていた時の事を「よく人前に顔を出せた」と言われたという。
私はいつも、どんな悪い事があっても良い方に考える馬鹿のつく楽天家だったが、自分の住む町の住人のほとんどが、そんな風に私の事を思っているのではないか、と思うようになってしまっているのが悲しい。しかし一番の被害者は子供達である事は言うまでも無い。

  子供達へ
パパはこれからも君たちをしっかりと愛していきます。
守ってやれなくて本当にごめんなさい。


■ バングラッシーのケース

 私は20代前半の頃、休日は海で過ごしていた。それはウインドサーフィンというマリンスポーツが大好だったからです。そんなある日、本場ハワイに行っていた海の先輩が、大麻を土産に帰ってきた。海の仲間達は海外旅行経験者もいて、大麻を見てもひどく驚く人はいなく、興味のある人は喜び、興味のない人まったくはそっけなかった。
大麻はソフトドラッグである事実を、いつ仕入れたのか記憶にありませんが、知識として持っていて「これは清涼飲料水ってとこかな」と言いながら、何の抵抗も無く自分から求めたのを今でもハッキリ覚えている。これが私の大麻初体験となった。
海上で波と風を相手に遊ぶのはとても楽しい!日が暮れて浜に戻り道具を片付けている時に、たまに回ってくるジョイントは最高で夕日を見ながら将来のことや彼女のことを話しあった。そんなことをしていながらも、いつしか海に行く足も遠退いていた。
その頃は、私を含め友達3人で大麻栽培に夢中になってました。友達2人はサファーではなかったが、経験知識は十分備えていた。ホームグロアー3人組は違法行為である事を認識していたので、掟として

1、外に持ち出さない
1、他人に渡さない
1、他人に話さない

 これを3原則とし誓った。
皆この掟をしっかりと守っていたようだ。こうした中で私達は、会社での昇進、結婚と人生を一歩々歩んでいた。
大麻の使用目的方法は、私的な時間場所で、寝る前、雨降ってる休日の朝とかに、リラックス効果を求めるものでした。方法は煙にして口から摂取していた。
逮捕原因は3人組の一人であるM夫婦の間に亀裂が生じた。それは性格上の不一致が原因にも関わらず、Mの妻は離婚を有利に進める為、警察に「夫が大麻を吸って暴力を振るう」と通報した。なんと身内から通報されたのであった。
Mは決定的な夫婦喧嘩の後、通報を察知し緊急に連絡してきた。私達は身辺整理を早急に行なった、H6年7月中旬の出来事だった。
その後、普通に生活をしていましたが、H6年9月下旬に、M家族の方から2日前大麻取締法違反で逮捕されたと聞かされ、背中が凍りついていた。Mは身辺整理をすべてしていなかったようだった。
私達3人組はもし最悪の事態(逮捕)が発生した場合、自分一人の事件として裁判を受けようと誓い合ったが、不安は拭い去れるものではなかった。だがMはきつい取り調べにも屈する事無く、誓いを貫き通した。

 11月中旬に保釈されたMであったが、自分の妻からの通報と言うことでショックは隠しきれず、随分痩せていた。あまり多くを語りたがらなかったMだったが、必要最小限の事は話した。私とIの名前はM妻の通報からすでに出ており、否認するのが大変だったらしい。貫き通した理由は、「自分の家庭のトラブルが原因で、私とIに迷惑をかける訳にはいかない。」と強い気持ちがあったという。警察に名前が出ているので気をつけろと涙ながらに警告していた。
かくしてMは、一人の事件として法廷に挑んだ。12月中旬の第2回公判で判決が下り懲役6ヵ月執行猶予3年であった。(初犯)
Mの判決が下りこの事件は決着はついたと思えていた。それは、2人以上の自供がないと逮捕状を裁判所に請求できないなどと勝手な思い込みをして、自身を慰めていた。その頃から留置所に放り込まれる夢を見るようになりスッキリしなかった。だが、それは正夢となった。
平成7年1月14日
仕事を終え、多少風邪気味だったので病院に寄った。帰るコールをすると「山田さんから電話があった」と知らされたが、山田という人に心当たりが無い、いやな予感がした・・・・
夕食の最中にその山田が尋ねてきた、玄関を開けると見知らぬ人物がいた。(PM8:30頃、ガサは早朝とは限らない)
穏やかに私の名前を尋ね、本人と確認すると、態度を豹変させ大麻取締法違反の逮捕状を突き付け大麻を出せと迫った。私は否認した。すると玄関の外に待機していた4人の捜査員が傾れ込むように入って来た。

「何故来たて思う、理由も無く来る訳がないだろう」とえらい剣幕だった。

 出さないのなら家宅捜査をするという事でした。身辺整理を済ませていたので、弁護士の立ち合いなしでの捜査を承諾した。(弁護士不在は後々悔やむことになった)
捜査員が妻に強い口調で何か質問している。この時妻は妊娠五ヵ月の身重な体で、とても不安な表情をしていたので空かさず「俺への逮捕状で妻は関係無い、妊娠五ヵ月の大事な時だから質問するな」と抗議したが、その3倍位な大声で「令状がある」の一声で聞き入れてもらえなかった。
すると、奥の物置部屋を調べていた捜査員に呼ばれ、「これはなんだ?」見覚えがある封筒があった。私の身辺整理は完璧ではなかった。
栽培中に大きなリーフができたので4枚位ちぎってのこしていた・・・すっかり忘れていたものだった。自分が所持していたと認める。証拠物件が挙がったので、0.912gでの大麻不法所持現行犯逮捕であった。生まれて初めての手錠、初犯での逮捕となった。もう逃れることはできない・・・

 捜査員は逮捕状を示した時に、私が否認したことを怒っていて、喫煙具を出せと怒鳴り散らしての捜査となった。キセルはすでに処分していたので、苦し紛れに市販されているたばこに詰め替えて喫煙したと自供した。バッズ部分のところならまだしも、効果のあまり無いリーフでの逮捕ということで、なんとも嫌な感じだ。だが大麻に変わりは無い、残念無念だった。
大麻吸飲で私自身が被った害は無く、また被害者も存在していない。私的な時間場所で大麻を吸うのと、妊娠五ヵ月の身重な妻の前で大声で怒鳴り散らすのと、どちらが罪であるかとその時強く疑問を感じていた。
二世誕生の喜び、夢、希望、充実感すべて絶頂の時だけに、そのギャプたるもの天と地ほどの差があった。連行される時、手錠姿で妻の体調を心配することは、とてもとても辛かった。
警察署に向かう道中に捜査員が、逮捕成功で安心したのか、サウナに行く計画話をしていた。私の感情を逆撫でする会話であったが、犯罪者を逮捕した緊張感はまったく感じられなく、こちらも罪の意識は薄れる。
警察署に到着すると報道陣がいた。ギョッとして上着を被ろうとすると、暴力団の賭博事件の取材と知らされホッとした。捜査員から「こんなちゃちい事件で報道は集まらない、張り合いがないわ。」と言葉を浴びせられ、しばし呆然となり複雑心境になった。

 署内に入ると職業、職歴、家族構成、素裸身体検査、両手足の指紋、前後左右斜めの写真撮影をされ、逮捕から48時間以内に送検、24時間以内に拘置決定と、ベルトコンベアーに乗せられた状態だった。
移動の際には冷たい手錠腰ひも、むかで行進にどどめ色の護送車である。地検で「どうして警察が来たと思う」の質問に「分かりません」と答えると、「それでは取り調べをするので拘置を認める」と単純すぎる。
留置所では当然檻の中、小さな小窓から食事が入れられる。ブタ箱とはよく言ったものだ。男性2班に分けられていて、こちらの班は12人ほどいて、半数は暴力団関係者だった。素人で初犯の私にとって、それはそれは別世界の所であった。
覚せい剤、窃盗、傷害、恐喝、放火、賭博、詐欺、強盗、薬物売人、不法滞在、色々な罪名の被疑者がいる。留置所だから当たり前の事か。
それよりも、極寒での1月~2月の拘置生活で、この寒さには閉口した。暖房がないのは言うまでも無い。思考能力はどんどん低下した。就寝時間には房に布団を敷いて寝れるのだが、布団にはシーツなど無く、人間の油と垢ほこりでテカっているほどで、悪臭も放っていた。毛布も掛け布団も同様だった。
日本国民に生まれ育ち、泣いたり笑ったり、それなりに努力してきた。被害者無しの犯罪と言われているが、法のハードルを越えるとこんな仕打ちを受ける。
どこかの房からすすり泣く声が聞こえてきた。私も色々な思いがあったが、泣いてる訳にはいかない。この最悪の生活状態で、きつい取調べに挑まなければならない。自分を見失ってはいけないと自身を奮い立たせていた。
Mは生活保安課での逮捕だったが、私は刑事課だった。取調べでは、令状を突き付けた捜査員がそのまま取調べの担当刑事となった。
最初に、自分が不利になる事、言いたくない事は言わなくてよい事と、弁護人を依頼する権利がある事が告げられる。
言いたくない事は言わなくてよいと言ったわりには、机をドカドカ叩いて精力的だった。取調べの内容は通り一遍なものであり(何がどうしてこうなった?のしつこい取調べ)、どういう訳か客の名前を言え、一服もった奴の名前言えなど、最初は何故こんなこと聞いてくるのか訳が分からなかった。とにかく警察は罪を作りたいのだろうか?
印象強かったのは、摂取目的で栽培、所持を認めると「何故、違法行為と認識があって、法律を破ったのか?」との質問には調書を書く手に力が入り、目が鋭い。「好奇心があった」と答えると、「それだけじゃないだろう」としつこく何か言わせようとする魂胆が見える。
誘導尋問には要注意だ。法律を破った理由調書は、裁判の審理で重要なポイントとなると弁護士から聞かされた。
種子の入手経路は黙秘した。自分が栽培し一人での事件と貫き通した。こう書くと簡単にくぐり抜けたように見えるだろうが、交友関係、特にMとIの関係の追求はとても厳しかった。Mは誓いを貫き通している。私が落ちれば彼は再逮捕されイモ吊る式逮捕となり、共犯者MとIと私の自供が一致するまでズルズル長い取調べになるのは分かり切っている。そんなことは冗談ではないと思っていた。
刑事は私とMとの会話内容まで突き付けてきた、証拠もない質問をしてくる。これでは誰が通報したのか丸分かりだ、「知らない」と貫き通す。刑事の焦りの色が見えていた。
ある日取調べで呼び出され、「MとIの事話す気になったか?」といきなり切り出され、「知らん」と答えるとすぐに「房に帰れ」と言われた。煙草とコーヒーは貰えないのですか?と聞くと「知らん」とやりかえされた。これは辛い、煙草とコーヒーが同時に味わえるのは取調べ中だけだ。
だがこの時、後で知った事だが、私がMとIの事に対し、落ちないと判断するとIの逮捕状を裁判所に請求したようだった。ところがIの身辺整理は完璧であったようで、逮捕という最悪の事態は免れていた。I君はさすがである。
刑事には法を破った者を反省させる使命も課せられているらしく、取調べ中に大麻の規制理由を、阿片戦争に例を示し説明し始めた。
使用した本人が滅び、家族が滅び、最後に国が滅びてしまうと話した。私は大麻取締法で検挙された、阿片とは話が違うと言うと、薬物は皆同じ、そんなこと言ってると実刑だと脅かされれる。
私が有害説を否定するような発言すると、明確な回答はせず「順法精神」を問われ、実刑判決だとしか言ってくれない。あまりにも傲慢だと感じたので、黙り込んだ。この日の取調べは黙り込んだまま終わった。
私も一人で起こした事件として、きつい刑事調べを終了した。そして最終の検事調べに挑んだ。県警本部で行なわれ、刑事調べより上の、検事さん直々の取調べということでカチコチになって向かった。
さぞ厳しい取調べと覚悟していたが、私の場合証拠として挙がった大麻所持、栽培を認めていて、弁護士の指示通り反省を示しているので争点は無い。これも通り一遍の調べでした。
MとIに関しての調べは多少くどかったが、検事調べ無事終了?警察署に戻る車中で刑事にどうだったと聞かれたので、MとIの話がくどかったと答えると、道中にもかかわらず「お前正直に話せや、取調べのやり直しの指示が出るぞ」と怒鳴ってきたので、さすがに腹が立ち「いつでも受けて立つ」と怒鳴り返した。怒鳴り返したのが原因ではないが、起訴された。
これで被疑者から被告人となった。
接見(面会)は所持量の少なさと、栽培所持を逮捕時に認めた事からなのか接見禁止ではなかった。
母が暖かそうなスエット上下、靴下、下着の差し入れを持ってきてくれた。法律を破った息子だが、寒い檻の中に掘り込まれているのを不憫に思ったのだろうか・・・
強化プラスティック版越しでの対面は映画さながらである。母は私の体調をとても心配してくれていた。15分の接見時間はあっと言う間に過ぎてしまう。
母の心情を察するとすごく辛い。妻も接見に来て皮コートを差し入れくれた。
後日に気がついたのだが、袖の内側に蛍光インクで薄く「がんばって」と書いてあった。これを見た時には涙が溢れ、毛布を被り声を殺すのが大変だった。接見の話はこれくらいにしとこう!

 弁護士は過去に駐車場で車の接触トラブルで弁護士会に相談に行った事があり、名前をフルネームで覚えていた弁護士に託そうと決めていた。取調べでMとIの事になると、さすがにきつくなったので依頼した。弁護士から何故もっと早く連絡してくれなかったと「令状を示された時に依頼すべき」と厳重注意を受けた。何故だか話を聞くとなるほど納得!
あまり話せないが同時期、歌手の長淵剛が大麻で逮捕されている。確か2g位の所持だったと記憶しているが、処分保留で釈放された。結果不起訴を勝ち取っている(私より所持量は多い)。
微妙な時の流れだろうか、この時期1g位の所持の場合、自供により不起訴になるケースが存在していた。話を聞かされ悔しい思いがあった。弁護士の依頼は早急に行なうべきだった。弁護士費用(私選)30万円。保釈金150万円。保釈金は裁判に出廷すれば9割返金される。
私の事件を担当した刑事課は、取調べも終了し起訴されているのに、取調べ室ではなく、刑事課室に呼び出し、他の大麻仲間の名前を出せと茶菓子を勧めながら迫ってくる。人の心を玩ぶ行為に、絶対納得できなかった。弁護士に相談したが、刑事は「雑談してるだけ」と言い張る。
留置仲間の組員は刑事課は、暴力団対策課よりしつこいと言っていた。この行為がまかり通っていると知ると、ひどく落ち込んでしまった。それも束の間でした。すでに起訴され取調べも終わっているので警察署には用事は無く拘置所に護送される。見送りに来た担当刑事に「お前は友達思いだな、よく頑張ったな、体に気をつけてな」と少し、悔しげな表情も見せていた。
相変わらず冷たい手錠に腰ひもで、むかで行進をさせられる。どどめ色の護送車は、市内の各警察署に、起訴済みの被告人を集めながら拘置所に向かう。じゃばらのカーテンの向こう側に見慣れた風景が見え隠れしてた。つい先日この道を通った記憶がよみがえったりする。自販機があっても何も買う事は出来ない。
拘置所に到着。正門を通り鉄城門を護送車はくぐった、後方でガシャーンと扉が閉まった音がする。社場に戻さないぞーと叫びにも聞こえてしまった。ここ拘置所では名前ではなく番号で呼ばれる。私は237番だった。
身体検査が行なわれる、10人ほど並べられ手上げ、足上げ、肛門を曝すカンカン踊りをさせられる。かなり凹んでしまった。
新入りは、取りあえず独居房に入れられ、昼食は変わる事はなく小窓から受け取る、留置所の食事より味噌汁が暖かい。ごはんは麦飯なので少し黄ばんでいる。(ばくしゃりと言う)頭の隅を刑務所がかすめまくる。

 新入りのしおりを呼んでいると、担当が鉄扉の前で止まった。「237番出ろ」と強い口調だった。
この時、絶望が込み上げた。もう一人警察に名前が出ているIが逮捕され、私とMの名前を言ったと思った。余罪が出てしまったのかと体が小刻みに震える。警察署に逆戻りして取調べのやり直しをさせられると感じていた私は固まってしまっていた。
ところが「保釈だ」と聞かされホッとした。母が保釈申請をするよう弁護士に頼んでくれていた。私は黙秘の部分があり、留置仲間の暴力団員から、黙秘があると保釈は無理と聞いて諦めていたのですごく嬉しかった。
逮捕から約1カ月半(50日)ぶりの社場となった。統計から見るとかなり早い保釈である。思い起すと留置所を後にする時、私が入れられた時先に留置されていた人が起訴もされず、長い取調べを受けている者もいた。
迎えに来てくれた兄に頭をコツンとされた・・・母と妻の顔を見るのがとても辛い(父は他界)。実家に向かうと妻も待っていてくれ、暖かく迎えてくれました。母は「お前を信じている」と涙ぐんでいた。父の霊前に帰宅報告をした。何も言いようが無い、何も言えなかったのが本音かな・・・
MとIに会う、ここでは健闘を讃えあうかたちとなった。すでに執行猶予判決で決着がついているM。家宅捜査を無事乗り切ったI。
Mは、『お前を信じていた』と言うが、内心不安があったと思う。交わす言葉は必要ない、堅い握手を交わした。
Iは元々気が小さい面もある、捜査員の「また来るからな」の捨て台詞に縮んでしまっていた。

 お互いの家に行き親御さんには全てを話し謝罪し詫びた。悪友ではなく親友としての今後を誓ったが、親は皆同じ意見で、もう会わないでほしいと願われてしまった。私達は親を安心させる選択をした。やはり3人集まれば、さぞ心配する事だろう。友情は永遠だが、引き裂かれる感がありとても辛い。お互いエールを送りながら解散をした。
家での暮らしは多少ギクシャクした生活を送りながらも、平成7年3月3日初公判を迎える。大麻取締法違反(所持、栽培)裁判。開廷の時間だが、なんと裁判官が現われない。こちらの弁護士は私の裁判のあと、すぐに民事裁判が控えているのでイラついていた。
裁判官が到着し、弁護士が時間を守れと詰め寄ると、前の裁判が難しく少し延長したと説明している。検察官も加わり、打ち合せをしているような感じで話し合っている。「早く済ませるから」と言う言葉が聞き取れた。まともに審理ができるのか疑問が感じられた。
大急ぎで罪状認否、審理が行なわれた。検察、弁護士、裁判官でテキパキ進められる。
検察側は「自供には信憑性が無く、反省しているとは言えない」とまとめた。
弁護側は、事件を大筋で認めていて反省している事と、家にあった人命救助の表彰状を示し、弁護してくれた。以外にも共犯と疑われ、黙秘してた種子の入手には触れられなかった(種子は鳥の餌屋にも置いてあり違法では無いのでと、後で弁護士は説明した)。
私本人が出る幕はあまり無い。検察官は、まくしたてて話すタイプの女性でした。納得いかなかった事がある。職歴の事で、4回の転職経験を指摘されたのだ。検察は、被告人は職を点々とし、落ち着きが無い。再犯の可能性が多大にしてあると裁判官に主張した。
私は私なりによく考えての転職であり、前職の経験は十分現在に活かされていて人生の肥やしになっている。中には倒産してしまった会社もあり、また到底付いていけない経営者もいた。検察の主張は民間の事をまったく理解してなく、分かってもいないのではないだろうか。あの女性検察官には、私の努力してきた人生まで否定されてしまった。妻も法廷の証言台に立ち、今後は夫の行動に注意し生活していくので、どうか夫を返してくださいと裁判官に哀願した。

 検察は懲役6ヵ月の求刑を示す。3月24日第二回公判は判決公判となった。
裁判官は主文を読み上げ、人命救助と本件は関係ないとして、共同である市営住宅での栽培は大胆不敵と事件を締め括り、判決で懲役6ヵ月と言い渡した。長く間をおいた後、3年間の執行猶予期間を与えると読み上げた。一瞬実刑判決ではないかと天を仰いでいた・・・。
猶予を与えてもらい感謝したが、なんとも最後の最後まで意地が悪過ぎる。ここまで人権を侵害されてしまい、辛い裁判所を後にした。
事件を振り返ると私の場合、不幸中の幸いと言いましょうか、新聞報道、解雇はありませんでした。
報道される事により、偏見の目で見られてしまい、失職し家族崩壊を招く場合の方が多い現実が存在します。人権を侵害されたと感じる人がいる以上、その声には真剣に耳を傾けなければなりません。
読んでいただいた皆様には、大麻問題に関する真実と現状の違いを認識され、かつまたこの問題に対する理解を深めていただければ幸いです。

 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター