読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (4 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
医療大麻の真実に迫る
合法化2010 母は言う―大麻が息子の命を救った
医療大麻の真実に迫る : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2010-11-02

司会者:医療大麻をめぐる論争に驚くべき論点が加わりました。子供です。(現状の治療に)不満を持つ多くの親達が、自閉症やADHDの子供を治療するために大麻を使用し「大麻は命を救う」と述べる一方、「行き過ぎだ」と述べる小児医療の専門家もいます。ミコ へスター ペレスは自閉症の子供を育てており、彼女の息子ジョーイは、大麻入りブラウニーを与えたおかげで今日も生きている、と述べています。それからミコの弁護士のテッド コーンウェル、そしてシカゴから小児科医のDr.シェリン ハーシュにご参加いただいています。ミコ、あなたから始めましょう。あなたの10歳の息子のジョーイはどんなだったか、大麻入りブラウニーを用いる前に、彼の挙動や体重はどんなだったか、そういったことを説明して下さい。


ミコ:彼は10歳で48パウンド(22キロ)でした。彼の胸、腕、脚は骨が(浮いて)見え、胴はほとんど同じサイズで、つまり彼はものすごく痩せていました。そして彼にはものすごく攻撃的な挙動がありました。突然泣き叫び出したり、家から走り出て行ったり、乱暴で。彼は、情緒不安定でした。

司会者:そしてあなたは彼が死にそうだと感じたわけですね。彼は体重が非常に軽かったために、あなたは彼が死にそうだと感じた。

ミコ:私が彼が死にそうだと感じたんじゃありません。息子は死にそうでした。明確な違いがあります。息子は死にそうでした。

司会者:ミコ、そしてあなたは、自閉症の子供に何らかの形で大麻を与えるこの治療法について知った。そしてその医者を見つけた。あなたの10歳に息子に大麻を使用する許可を得るのに、その医者を説得する必要はありましたか。

ミコ:ジョーイの精神科医、実際には彼女には、選択肢の一つとして(大麻の使用を)考慮するよう要点を書いた必要書類を提出しました。適切な注意を必ず払うことを約束しました。これは私にとって問題ない選択だし、主治医にとっても問題ない選択だし、家に出入りするあらゆる機関にとって問題ない―というのはクライシスユニット(精神医療の救急チームのようなもの)が出入りしますから―といったことを確約しました。私は妊娠中絶反対で育てられたので・・・(話をさえぎられる)

司会者:そしてあなた自身は決して大麻を使用しないとか、わかりますよ。Dr.ハーシュ、しかしあなたは困惑している。あなたは大麻の子供への影響についての十分な調査がなされていないと感じている。

Dr.ハーシュ:はい、その通りです。脳はまだ発達途上ですから、脳に物質(大麻)を与えることが、脳の成長における最終的な発達にどのような働きをするのかよくわかりません。

司会者:でも今あなたは死にそうな息子を持ったミコの話をお聞きになったでしょう。彼女が大麻を試してみたことを非難できますか。

Dr.ハーシュ:慢性的で重篤な病気の子供を持つ立場になれば、誰でも効果があると思うものには手を出すでしょう。より多くの害を及ぼすかもしれないことをする時の期待は、別のことが起こるのを招くかもしれない。私にはジョーイに何が起こるかわかりません。そして私は、彼女(ミコ)の特定のケースについてコメントすることは出来ません。私はジョーイを治療しているわけではありませんから。助けになりたいですが。体重や自閉症の問題を抱えた多くの子供がいますが、その治療に医療大麻に頼る必要はありません。

司会者:米国小児科学会(APP)の声明です。「米国小児科学会は科学的に有効な治療法を推奨します。自閉症の治療への医療大麻の使用は、テストされておらず子供にとって危険な可能性があります。」

司会者:それではテッド、あなたのお話を伺う前に、あなたはミコがおかれた家庭の内部状況を手助けしようとする一団の中の弁護士です。今回のケースにおいて我々は何を知っておけばよいでしょうか。我々の多くは、「大麻に都合の良い話だ。大麻はダメだダメだ。」と考えますから。

テッド:状況は、大麻が効くというエビデンスがあります。ミコとジョーイはまさにエビデンスです。大麻による治療が広く普及していない理由のひとつは、14の州にしかカリフォルニア州のような(医療大麻の)例外的使用の法律がないということです。そしてDr.ハーシュがこの治療方法についてあまりよくご存じないのも驚きではありません。イリノイ州(シカゴのある州)には例外的使用の法律がありませんから。ドクター、近いうちにシカゴでお会いしましょう。是非あなたに診ていただきたい。その日が終わる頃には、ドクターは一番のファン、一番の支持者の一人になっていると思いますよ。私達はもっと広く知られるようにならなければなりません。ミコとジョーイは一つのエビデンスです。連邦政府には目を開いてもらう必要があります。大麻をスケジュールⅠドラッグに規定している法律は1970年に成立しました。今は40年後です。時代に合わせなければなりません。

司会者:これは大きな問題です。視聴者の声を伺いたいので、あなたの意見をEメールで送ってください。ミコ、テッド、Dr.ハーシュ、生放送に出演いただきありがとうございました。カリフォルニアから(司会者の名、聞き取れない)がお送りしました。ジョーイの幸運を祈ります。

ミコ、テッド、Dr.ハーシュ:ありがとうございました。

翻訳byとら

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター