読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

18名さま。クリックのご協力を! (12 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
医療大麻の真実に迫る
研究報告:大麻草の成分にガン治癒効果がある可能性
医療大麻の真実に迫る : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2013-04-17

2013年4月13日
by リカルド ナバロ

大麻に含まれる化合物が今、大きな注目を集めています。といっても、THC(テトラヒドロカンナビノール)ではありません。湾岸地域の研究者らによると、大麻成分CBD(カンナビジオール)には、ガン細胞と戦う兆候が見られるということです。



薬用大麻の支持者らは、(大麻成分の1つ)THCが末期患者の痛みの緩和に有効だと信じていて、中にはそのことを裏付ける医学研究をしている人もいます。しかし最近の研究では、大麻に含まれる別の化合物が、市場に出ている全ての医薬品の中で医学的に最も有用な可能性があると言われています。

「私たちは、ようやく、CBDにはガン細胞の成長を妨げ、あわよくばガン細胞を衰退させる効果があると言える段階にいます。この時をどれだけ待ち望んだことでしょう!」と言うのは、マリーナで薬用大麻を栽培するケビン・サウンダースさん。

研究開発は、 湾岸地域にあるカリフォルニア太平洋医療センター(California Pacific Medical Center)が進めています。研究チームは、動物を使った化合物の試験で、CBDを使用した場合、ガン細胞の成長が妨げられたことを発見しました。サウンダースさんによると、その効果は、大麻が持つ天然の防衛メカニズムによるものだと考えられています。

サウンダースさんによると、CBDは大麻成分の40%を占めています。CBDとTHCの違いは、CBDは大麻の“毒性”成分ではないこと、つまりCBDには向精神作用がないこと、CBDを摂取しても“ハイ”にならないことです。

「品種改良を介して成分の操作ができるんです。CBDが高くて、THCが低いもの、そうすると精神活性効果が低くなります。多くの人にとって恩恵になっている効果ですね」(とは、サウンダースさん)。

湾岸地域の研究者らは今、ヒトでのCBDの試験を始めるための資金を募っています。ヒト用には、脳腫瘍と乳ガンに対する2つのモデルがすでに作られています。

翻訳とコメント:bongyo
いよいよ、ガンの治癒効果があるのがCBDだとほぼ特定できたとのこと。これまでにも悪性腫瘍の成長を止めるとか、ガンの治療に大麻が有効なことを報告する記事をいくつか紹介しましたが、効力をもつ成分の特定はできていなかったのです。
他にもカンナビノイドは60種を超えると言われていて、その有効性は無尽蔵ではないでしょうか。


★CBD製品の販売は「CBD製品販売あさやけ」として営業を始めました。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター