読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

14名さま。クリックのご協力を! (8 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
コラムやエッセイや読み物 > 今週のマスコミよかった大賞
マリファナ評論家「解放区」の真実を語る ニューズウィーク日本版4.23号
今週のマスコミよかった大賞 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2013-04-29
今週のマスコミよかった大賞

サル・パラダイス

ニューズウィーク日本版 2013.4.23号
マリファナ評論家「解放区」の真実を語る
米社会 合法化を進めるコロラド州で活動するプロが明かした変化と店探しの極意

昨年合法化が決まったコロラド州のその後だね。4月20日には「420」のイベントに全米中から集まったって。
で、この記事、コロラドの情報誌でコラム書いてる全米初のマリファナ評論家ウィリアム・ブリーズとのインタビューを載せている。

最大の変化は、街の風景だ。デンバーの22番街を車で走らせると、最後の4ブロックにマリファナの販売所が3軒もある。はじめは、違和感あったけど、今じゃレストランがあるのと同じなんだ。



最大の責務は、マリファナのコラムを毎週書くことで、マリファナが普通のものだって、皆になじませることだ。州の法整備や教育に関するニュースと並んで、私のマリファナのコラムもとりあげられてるんだ。

マリファナを求めるのは若い奴らだけじゃない。自分の母親、あるいはその上の世代に向けて、どんな有用な情報を届けられるかって常に考えてる。

最後にインタビュアーが自分は吸わないけど、あなたの記事はためになると言うと、「それでいいんだ。やらない人でもやってる人を寛容できるようになってきている。そういう風に社会が変化していること、これはすごくいいことだ。」

一足お先に合法化されたコロラドの状況から、将来の解禁された日本の姿を思ってみましょう。

大麻は薬局で売られるのかなあ。あるいは、コーヒーショップみたいなので、認可制で売られるのか、はたまた漢方とか鍼灸の店でも売られたりするのか。
マツモトキヨシとかに今週の一品とかって置いてあったりしてね。

あと、日本人は凝り性だから、オレは大麻を使用して何かを行ういろんな活用法を考え、商売化する気がするよ。

このハイになった状況で、まずは風俗でしょうね、それからメディテーションとか自己啓発とかカウンセリングとかとからめたり、ね。
もちろん、クラブやライブハウスとかも。
あとは、バーチャルリアリティの技術の発達で、さらにリアル体験できるようなマシンをそろえた大人のゲームセンターとかできたりしてね。

そうやって、考えていくと、すごくアベノミクスなんだけどなあ。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター