読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

13名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報
CBD:治癒効力のあるもう一つのカンナビノイド(パート1)
海外情報 : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2013-09-25

パート1:CBDとALS

カリフォルニア州北部:THCは、周知のとおり、大麻に含まれる、人をハイにする化学物質で、その医療用の使用については数多くの文書で証明されている。それにも関わらず、THCには、気分を「良くさせ過ぎる」作用があることを理由に、政治家の多くが反対し、医師の中には異議を唱える人がいる。しかし、大麻は、ありきたりの、「ハイにする」THCに限られたものではない。天然の大麻には数百の化学物質が含まれており、カンナビジオール(CBD)もその一つだ。



実は、CBDは、「人をハイにする」精神活性物質としては、かなり大きな期待外れ。1オンスもの量でも、その効果はほとんどない。CBDは、大量に摂取しても期待されるのはせいぜいマイルドな「リラックス」効果だが、大麻草に由来するゆえ、これまで米政府による禁止の対象となってきた。

大麻草は、成長にするにつれ、その遺伝的な性質次第で、THCとCBDのいずれかに変化する化学物質を生成する。嗜好・医療用の品種は、THCが豊富だが、通常はCBDが非常に少ない。それに対して、繊維質が多い産業大麻には、CBDが豊富で、THCはほとんどないか、全く含まれていない。

また、CBDには、医療的用途が多く、天然のカンナビノイドの中では、THCに次いで最も研究がなされている。CBDを使った2005年のある研究では、マウスにおけるALS(ルー・ゲーリック病)の発病を遅らせることが確認された。また2007年には、メアリー・アブード博士が、THCとCBDを使った同じような実験をおこない、その結果に驚嘆している。

「今回の治療により、症状の進行を7日以上遅らせることができ、6日間の延命が確認されました。人間で言えば、これは約3年に値します。このことは、2ヶ月の延命を可能にする唯一のALS治療薬、リルゾールに比べて大幅な進歩です」。

 

従来の2ヶ月に対して、3年だ。仮にALSを患って選択肢を与えられた場合、貴方なら、リルゾールの「従来型」治療を選びますか、それとも大麻療法を試してみますか?この2つの療法は、互いに補完し合って、さらに良好な結果を生む可能性はあるだろうか?CBDの摂取量を増やせばどうなるだろうか?そのことに関する研究は、何故存在しないのだろうか?

 

一昔前の2001年、苦痛緩和治療ジャーナル(Journal of Palliative Care)において、カーターとローゼンの両博士は、次のように述べている。「大麻は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療に適用されうる多くの属性を持つ物質である。鎮痛や筋弛緩、気管支拡張、唾液分泌減退、食欲増進、睡眠誘発などの作用がそれである。加えて、大麻には、強い抗酸化効果と神経保護効果もあることがわかっており、神経細胞の延命に効果があると考えられる。大麻の使用が合法とされている地域では、ALSの薬理学的な管理に、大麻が検討されてしかるべきである」。

「大麻の使用が合法とされている地域では、・・・」とのこと。もし、ALSに苦しむ人を見たことがあれば、ALS患者すべてがCBDを入手できるわけではないことに、激しい怒りを覚えるはずだ。CBDには、人をハイにする作用はないが、ALSの悲劇を終わらせる手がかりがあると考えられる。そろそろ大麻を再分類し、この素晴らしい植物のあらゆる面が自由に研究されるべきだ。

ストーム・クロウ(Salem-News.com ) 

====================================================

Sources: The "short article" I quoted Science: Cannabidiol inhibits tumour growth in leukaemia and breast cancer in animal studies (http://www.cannabis-med.org/english/bulletin/ww_en_db_cannabis_artikel.php?id=220#2)

Glioma apoptosis: The non-psychoactive Cannabidiol triggers caspase activation and oxidative stress in human glioma cells (http://www.ihop-net.org/UniPub/iHOP/pm/12214911.html?pmid=16909207)

Salem-News.com
Study: Black Arrest Rate For Marijuana Offenses Four Times That Of Whites
Jul-11-2009

翻訳:bongyo

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

1件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿
Re: CBD:治癒効力のあるもう一つのカンナビノイド(パート1)1248800.002013-9-25 14:36
hairen Re: CBD:治癒効力のあるもう一つのカンナビノイド(パート1)
2013-9-25 18:48
白坂@THC主宰 Re: CBD:治癒効力のあるもう一つのカンナビノイド(パート1)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター