読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

6名さま。クリックのご協力を! (2 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > プロジェクトCBD
テルペンと「アントラージュ効果」
プロジェクトCBD : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-10-16

カンナビジオールを使用した動物研究の多くでは、生化学研究所で研究目的に生産された合成の単分子CBDが利用されている。その一方、大麻草エキスには一般的に、CBDやTHCに加えて400もの微量成分が含まれている。その多くは相乗的に作用し、科学者らが言うところの「アントラージュ効果」をもたらす。アントラージュ効果によって、大麻草の個別成分の治療効果は増幅され、大麻草の薬効は、個別成分の合計以上の効果を持つようになる。



100mgの合成の単分子CBDが、高CBDの大麻草エキス100mgに匹敵しないという、動物研究を基にしたデータを推定する時、アントラージュ効果(とその欠如)について考慮するのは重要なことである。

ジョン・マクパートランド博士によると、「大麻は本質的に、重合の薬剤であり、その成分間の相互作用により相乗効果が生じる」という。

 

テルペン類(Terpenes)

例えば、テルペンの役割について考えてみよう。テルペンは、揮発性の芳香族分子で、容易に蒸発し、著しく鼻に付く。これまで、さまざまな研究者らが、アロマセラピーの基礎を形成するテルペン類、つまりテルペノイドの薬理学的な重要性に注目してきた。大麻の強い芳香と、精神作用があるような特別な風味は、各品種のテルペンの優位性で決まる。

大麻の中には200種前後のテルペンが発見されているが、そのうちわずか2、3種だけでも、そのままで十分な臭気が感じられる。そのうち、モノテルペン、ジテルペン、セスキテルペンは、イソプレンという5炭素分子から構成されており、その単位の数に応じて特徴付けられる。大麻は、テルペンを含有することで、永続的に、進化の面で利点を得られている。強烈な匂いのテルペノイド・オイルは、昆虫や草食動物を遠ざけ、中には、菌の繁殖を防ぐものもあるのだ。

テルペンは、人々の健康にとってだけでなく、植物の健康にとってもよいことがわかっている。イーサン・ルッソ博士が『英国薬理学ジャーナル』(the British Journal of Pharmacology)2011年9月号で発表した報告では、一般的に「CBDのみ」の製品には含有されていないテルペノイドの幅広い治療特性が取り上げられた。

例えば、ベータ・カリオフィレンは、多くの大麻品種や葉物の野菜だけでなく、ブラックペッパーやオレガノなどの食用ハーブの精油中に含まれるセスキテルペンである。ベータ・カリオフィレンは、「CB2」として知られるカンナビノイド受容体に直接結びつくため、胃を保護し、潰瘍の治療に有効で、炎症や自己免疫障害に対する治療成分として非常に有望である。

スイスの科学者、ユルグ・ゲルチは2008年、CB2受容体に対するベータ・カリオフィレンの結合親和性を立証し、同成分を「ダイエット用カンナビノイド」と表した。ベータ・カリオフィレンはカンナビノイド受容体を直接活性化させる唯一のテルペノイドとして知られている。このことは、青い葉物の野菜が健康によい食べ物である理由の一つと言える。

テルペノイドとカンナビノイドは共に、血流を増加させ、皮質活動を強化し、MRSA(近年数万人の米国人の命を奪った抗生物質耐性バクテリア)などの呼吸器病原体を死滅させる。ルッソ博士の記事では、カンナビノイドとテルペノイドの相互作用が「疼痛や炎症、うつ病、不安症、中毒症、てんかん、ガン、真菌・細菌感染症の治療において相乗作用を生み出す可能性がある」と報告された。

大麻が持つテルペン類の芳香、アーサー・リンボード(詩人であり、有名な大麻樹脂愛好家)が表したところの「多彩な芳香」には、他にも重要な役割がある。テルペンとCBDは、THCの扱いにくい精神作用を和らげる。また、カンナビノイドとテルペンの相互作用により、THCが誘発する不安は和らげられ、大麻の薬効は増幅される。

テルペノイド組成は、品種によって著しく変化する。適した品種を使用していながら、高THCおよび・または高CBD含有の品種に乗り換える患者らは、テルペノイド組成が著しく異なる場合があり、以前に比べてそれほど病状から解放されない可能性があるのだ。鼻がすべてを知っている。みなさんも、いい匂いのする品種を選ぶように。

Source: Project CBD
Terpenes and the "Entourage Effect"

翻訳:なみ

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター