読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

13名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
プロジェクトCBD : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-06-22

原文:2015年2月16日オショーネッシー誌掲載

ICRSはもともと「国際大麻研究学会」であった。メンバーらが人間の体内に独自のカンナビノイド受容体システムを発見し、解明した後の1995年、「C」が表す単語を「Cannabis(大麻)」から「Cannabinoid」に変更した。薬理学者デール・ドイチュ博士は1998年、「カンナビノイドの分野は、大麻草から分離していっている」と説明した。

2014年のICRS年次会議では、大麻草がこの分野の第一線に戻ってきた。議長であった神経科医イーサン・ルッソ博士は、ピエモンテ大学(Universita del Piemonte Orientale)のイタリア人天然物化学者ジオバンニ・アペンディーノ博士を講演者として招待した。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-05-12

2016年3月8日 プロジェクトCBD

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症率は、全人口の7~8%で、帰還兵においてはそれよりも高い。

ケア・バイ・デザイン(訳注:CBD製品メーカーの一つ)は近年、300名のPTSD患者における、大麻と他の薬剤の使用について調査した。対象となった患者らは、PTSD治療薬の種類ついて、および、不安感やうつ、疼痛、憤怒、神経過敏といったPTSDの5つの症状に対する薬剤(と大麻)の効果について質問された。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-04-29

マーチン A リー(Martin A Lee) 2014年2月5日(木)
(原文はデイリービースト誌に掲載)

大麻の抗ガン作用と副作用の調整機能が判明

現在数多くの研究により、大麻に含まれる『カンナビノイド』は、ガンの成長を鈍化させ、腫瘍を養う新しい血液細胞の形成を抑制し、疼痛や疲労、吐き気など(化学療法の)副作用をコントロールするということがわかっている。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む


プロジェクトCBD : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-03-14

By Adrian Devitt-Lee on September 08, 2015

カンナビジオール(CBD)が医薬品、栄養補助製剤、漢方薬などとして広く市販されようとしている中、医学界では、CBD・薬物間相互作用について細かく調査されている。

CBDは、安全で陶酔感をもたらさず、大きな治療特性を持ち、中毒性のない大麻の成分であるが、CBD・薬物間相互作用は、場合によっては問題になる可能性がある。

CBDと他の大麻成分は、肝臓の酵素ファミリー、シトクロムP450(CYP)の活性を抑制することによって、多くの医薬品と相互作用する。CYPは、肝臓内の極めて重要な酵素群で、現在市販されている60%以上の医薬品の他、私たちが使用するほとんどの薬物を代謝する。

CBDは、服用量が十分であれば、CYP酵素を一時的に不活性化するが、それによって、大麻特有の酩酊感(ハイ)をもたらすテトラヒドロカンナビノール(THC)など、さまざまな化合物をどのように代謝するかが変わる。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-02-22

原文はO’Shaughnessy'sに掲載

大麻草に含まれる、精神作用のない成分、カンナビジオール(CBD)は近年、科学者や医師らの興味をかき立てているが、CBDがもたらす分子レベルでの治療効果の仕組みについては未だ解明の途中である。

CBDは、複数の分子経路を介して、その内部で多くの効果を生み出す多面的な薬物であり、さまざまな受容体非依存性チャネルを介して、また、多くの非カンナビノイド受容体やイオンチャネルと結びつくことで作用する。

以下は、CBDが治療効果をもたらす仕組みの一部である。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-11-28

大麻は、近代科学における最も刺激的な(だが過小報告されている)開発事項の1つの中心に据えられてきた。大麻の効果に関する研究は、それまで知られていなかった、人間の体内にある生化学コミュニケーション・システム、内因性カンナビノイド・システムの発見に直接繋がった。内因性カンナビノイド・システムは、私たちの生理機能や気分、毎日の経験を調整する際に、非常に重要な働きをしている。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-10-28

CBD患者対象調査

2015年9月15日Care By Design社

免責条項:弊社の製品は、連邦食品医薬品局による評価は受けていません。ここに掲載される情報は、いかなる病状の診療、治癒、治療なども意図するものではありません。また、同情報は、医師の忠告や内科療法として解してはいけません。

 

調査方法

弊社(Care By Design)は、30日以上医療大麻を使用している2,495名の患者を対象に調査を行なった。調査の回答は、2015年3月から同年8月の6ヶ月以上に渡って収集された。

調査の中で、患者の方々に質問した内容は以下のとおりである。

・どういう病状で、高CBDの大麻を使用しているか

・使用しているCBDとTHCの割合はいくらか

・疼痛、不快感、活力、気分、健康全般に対する高CBD大麻の医療効果はどの程度か

回答は、対象者の28%を超える703名から得られた。このことは、医療大麻患者の間に、自身の経験や得られたことを他の患者と共有したいという鬱積した欲求があることを示唆している。

最終集計では、不完全な回答(55)および大麻の使用が30日に満たなかった患者の回答(27)を除外し、621の完全な回答を調査の評価対象とした。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-10-16

カンナビジオールを使用した動物研究の多くでは、生化学研究所で研究目的に生産された合成の単分子CBDが利用されている。その一方、大麻草エキスには一般的に、CBDやTHCに加えて400もの微量成分が含まれている。その多くは相乗的に作用し、科学者らが言うところの「アントラージュ効果」をもたらす。アントラージュ効果によって、大麻草の個別成分の治療効果は増幅され、大麻草の薬効は、個別成分の合計以上の効果を持つようになる。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2015-09-18

カンナビノイドの科学がPTSDの闇を解明する
マーチン・リー

『神経内分泌学』ジャーナルが最近公表した記事で、消し去ることのできない強烈な記憶に関わる消耗性の慢性症状、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の保護における内因性カンナビノイド系の重大な役割が取り上げられている。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2015-07-27

CBDに関する誤解
2015年 2月18日
記事:マーチン・リー

 

それは人を「ハイ」にすることはないが、医師や患者を熱狂させる。昨年は、著しい治療特性があり精神作用のない大麻成分、カンナビジオール(CBD)に関心が高まった。多くの新興企業やオンラインショップが CBD の流行に飛び乗り、産業用大麻(ヘンプ)由来の CBD を、次なる目玉、つまり、腫瘍を収縮させ、てんかんを抑え、慢性痛を和らげる奇跡のオイルとして、大々的に宣伝してきた。しかし、CBD が健康補助成分になりうるという認識が増すにつれて、CBD に関する誤解も増している。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-04-04

Whole plant cannabis therapeutics2015年 2月22日

記事:マーチン・リー(Martin A. Lee) 2015年 2 月22日

あるイスラエルでの革新的な研究において、高CBD大麻草全体のエキスには、合成の単分子カンナビジオール(CBD)に比べて、より優れた治療特性があることが証明されている。

その記事は、『薬理学と薬学』(Pharmacology & Pharmacy)誌(2015.2月号)で公表され、大手製薬会社や医療産業界全体の聖域(「無加工の」植物性製剤は、純正の単分子成分に比べると、本質的にグレードが低く、効果も少ないという考え方)に直接踏み込んだ内容だ。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-03-17

CBD とは何か? カンナビジオール(CBD)は、著しい医療効果を持つ大麻の成分で、人を "ハイ" にすることがなく、そのような THC の精神作用とはむしろ反対に作用します。高 CBD の大麻は、 "ハイ" にならないことから、抗炎症や抗鎮痛、抗不安、抗精神病、抗けいれんの効果を求める方々にとって、不活発や不快感に悩まされることなく、その効果を得ることができる好ましい治療オプションです。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-03-11

CBDの適応症

これまでの科学的研究により、CBDには次のような症状に対する治療効果の可能性があることがわかっています。今回、高CBD薬剤が有効なことがわかっている症状の一覧を編纂するにあたり、論文審査のあった数百におよぶ科学誌の記事を検証しました。

関連する報告は、米国立医学図書館のオンライン・サービス、PubMed から抜粋し、臨床診療における大麻に関するジャーナル、O’Shaughnessy 誌からも追加しました。また、Time 誌や Daily Beast 誌などの一般誌からも記事をいくつか抜粋しています。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

プロジェクトCBD : 投稿者 : hairen 投稿日時: 2015-02-20

By:Maia Szalavitz

記事の全文は2014年10月15日Substance.com に掲載

時間を割いて大麻を吸ったことがあれば、大抵の人は、筋金入りの大麻喫い(diehard stoner)を誰か一人はご存知だろう。目はいつも赤く、「朝起きて吸って(wake and bake)」という言葉も皮肉にならず、いつもどうしてもしっかりできない人。そのようなヘヴィー・スモーカーは、低水準の仕事をしていたり、無職であったりであろうが、そういう人々を知っている人は皆、彼らには野望さえあればもっとやる能力があることを知っている。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む


プロジェクトCBD : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2014-11-17

CBDの科学

 

大麻は、現代科学において最もエキサイティングでありながら過小報告されている開発案件の中核になっています。大麻の効果に関する研究により、ヒトの体内に存在する生化学的コミュニケーション・システムが発見されました。それが内因性カンナビノイド・システムで、ヒトの生理機能や心的状態、日常体験を調節するのに重要な役割を果たしています。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

>>>続きを読む

0コメント

(1) 2 »
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター