読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

8名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
海外情報 > NORML News
研究:カンナビノイドが神経芽細胞腫の増殖を制限
NORML News : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2016-05-04

2016年4月21日(木)

イスラエル テル・ハショメール: 『現代腫瘍学』(Current Oncology)誌において公表された前臨床データによると、カンナビノイド、THCとCBDの投与により、培養液中や動物内における神経芽細胞腫細胞のがん活動が制限されるという。神経芽細胞腫細胞は、従来の治療では十分な対処に至らない侵攻型の小児がんである。



研究者らは、両タイプのカンナビノイドが、神経芽細胞腫細胞の成長能力を低下させ、CBDは優れた抗がん作用を示したことを報告した。この研究は、神経芽細胞腫細胞という特定のがん性細胞株におけるCBDの抗がん特性を初めて立証するものだ。

結論では、「神経芽細胞腫におけるCBDの活動に関する今回の結果は、他の腫瘍におけるCBDの抗腫瘍活動に関する過去の研究結果を裏付けるとともに拡張するものだ。この結果により、THCではなくCBDが豊富な大麻エキスは、精神作用のない、新たな神経芽細胞腫の治療法の発展に適していると言える」とした。

40年以上前からの前臨床データにより、研究室での研究において、各種カンナビノイドにはがん細胞の転移を抑止する能力があることが相次いで立証されている。

米国立がん研究所(cancer.gov)は2011年、ウェブサイトに以下の報告を掲載し、カンナビノイドには抗がん特性が見られることを認めた。「カンナビノイドは腫瘍細胞を死滅させるが、正常細胞には影響を与えないどころか、同細胞を細胞死から保護する可能性がある。(中略)統合腫瘍学の実践においては、医療関係者が、症状管理だけでなく、抗腫瘍効果を見込んで医療大麻を推薦する場合もある」。なお、この文章はおよそ1週間後に削除された。

詳しい情報は、NORML副事務局長ポール・アルメンターノ(paul@norml.org)にお問い合わせください。この研究の全文 "In vitro and in vivo efficacy of non-psychoactive cannabidiol in neuroblastoma" は、Current Oncology 誌に掲載されています。

Source: NORML NEWS
Study: Cannabinoids Limit Neuroblastoma Cell Proliferation

翻訳:なみ
これも、大麻には難病の治療可能性があるという記事。特にCBDには、神経芽細胞腫に「優れた抗がん作用」があるとのことですね。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

1件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿
Re: 研究:カンナビノイドが神経芽細胞腫の増殖を制限3203500.002016-5-11 10:26
KONO Re: 研究:カンナビノイドが神経芽細胞腫の増殖を制限
2016-5-13 14:49
白坂@THC主宰 Re: Re: Re: 研究:カンナビノイドが神経芽細胞腫の増殖を制限

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター