読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

11名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
控訴審第一回公判 細江弁護士による弁論
白坂裁判 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2016-08-19

以下、公判で細江弁護士が裁判官に向けて語った弁論の内容です。




裁判長,両陪席裁判官
私が皆さんに判断していただきたいことは,控訴趣意書及び控訴趣意補充書の通りです。

この弁論では,皆さんが控訴趣意の内容を調査して判断する上で留意していただきたい点を申し上げます。

まず,皆さんは,現在日本国内で蔓延している代表的なドラッグはなんだと思いますか。

それはアルコールとタバコです。もちろん,アルコールとタバコは合法ですが,本質的にはこれらもドラッグです。アルコールやタバコが有する人体・社会に対する有害性が,社会的に許容しうる程度であるから,合法とされているに過ぎません。

一審判決は,「程度の高低はともかくとして,大麻が一定の精神薬理的作用を有しそれが人体に有害なものであることは公知の事実」としたうえで,「個人のみならず社会全体の保健衛生に影響する危険性を否定できない」としました。

しかし,大麻の有害性の程度の高低を問わないということは,常識的に考えれば,何らかの有害性が少しでもあれば大麻が危険だと判断していることになります。このような判断はあってはならないことです。砂糖,塩,カフェイン,様々な物質は人体に対する有害性があります。人が体内に摂取するものを規制するにあたって,その有害性の程度を問わないなどということはあり得ません。

このように,大麻に関する議論になると,途端に常識からはずれたことが罷り通ってしまうのです。

もちろん,大麻は無害ではありません。しかし,証拠を常識にしたがって判断すれば,現在の科学的知見で判明している大麻の有害性は,日常生活で問題となるようなものではありません。

私たちは,思い込みや決めつけをもって生活をしています。子供の頃から「ダメ。ゼッタイ。」と教育を受けていれば,大麻の有害性など考えることすらしないでしょう。

しかし,裁判ではそれは許されません。大麻取締法の違憲性は,被告人である白坂さんの生活,人生を大きく左右する問題です。もっといえば,医療大麻を必要とする人々や,個人のささやかな楽しみとして大麻を愛好している人々にとっても切実な問題です。

思い込みや決めつけではなく,証拠に基づいて,大麻の有害性を認定し,それが本当に刑罰でもって規制する必要がある程度のものなのか,明確に判断をしていただくようお願い致します。

ありがとうございました。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター