読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (2 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
コラムやエッセイや読み物 > 小説:医療大麻物語
小説:医療大麻物語(1) 発症
小説:医療大麻物語 : 投稿者 : フロッガー 投稿日時: 2008-07-18

注意!この文章はフィクションで実在する人物や団体とは一切関係がありません。
医療大麻についてのフィクションを書いて、試験的に公開してみます。題名も仮称ですし、不完全なものです。もし皆さんの反応があれば、インタラクティブに変えていこうと思います。感想等書き込んでいただければありがたいです。


シーン1 発症

 早苗はこのところ背中に鈍い痛みを感じていた。台所で立ち仕事をしたり重いものを持ったりした時に痛みは強くなるが、少し休めば気にならなくなるので、深刻には考えていなかった。「私も年かしら?」、何より、今まで風邪すらほとんどひかず、体は丈夫な性質であった。

 「今日の夕飯はどうしようかしら?」、今日は早苗と夫にとって特別な日である。ちょうど2年前のこの日に2人は結婚式を挙げた。結婚してからの日々は幸せそのものだ。子供はいないが、夫婦はまだ2人きりの生活を楽しみたいと考えている。夫の久保田良介は会社員で、上司にも部下にも信頼されている。どちらかと言えば仕事人間だが、家庭をおろそかにしているわけではない。「怖いぐらいに幸せな日々だ。」、早苗は思う。

 早苗は夕飯の準備を始めた。高い戸棚の中にある食器をとるために、踏み台に上った。そして、そこから降りた瞬間。背中に電撃を受けたような激しい痛みが早苗を襲った。声にならない声をあげ、その場に倒れこむ。両足がしびれるように痛み、動かすことが出来ない。全身から冷や汗が出る。歩くことが出来ず、両腕で床を這って電話のところに行き、119番に電話をかけた。何とか自宅の場所と痛みの症状を伝え、早苗は気を失ってしまう。

(つづく)

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター