読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

24名さま。クリックのご協力を! (6 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
フロッガー医師の検証
スピキュレーション カンナビノイドとサイトカイン
フロッガー医師の検証 : 投稿者 : フロッガー 投稿日時: 2008-09-27

カンナビノイドが免疫細胞に作用するということはよく知られている。

免疫細胞上にはカンナビノイド受容体が存在するが、その作用についてはまだ分かっていないことが多い。今までの研究ではカンナビノイドは免疫を抑える方向に作用するらしい。

免疫というのは細菌・ウイルス・癌といった、体にとって有害なものを排除する機構である。とても複雑なシステムで、多くの細胞がネットワークを作っている。(脳神経系に匹敵するだろう。このネットワークが意識されずに自律していることに驚きを感じる。)免疫細胞同士はサイトカインと呼ばれる物質で情報をやり取りしている。サイトカインには免疫を強化するものから押さえるものまで多くの種類があり、内因性カンナビノイドもサイトカイン的であると言えるだろう。

免疫反応は、体を外敵から守るために重要な機能であるが、それが自分の身を傷つけることがある。免疫が自分の体を攻撃してしまう病気は、自己免疫性疾患といい、膠原病などが代表的である。膠原病に対しては、近年サイトカインに対する抗体療法が開発され、臨床応用が進んできている。

カンナビノイドには、免疫を抑える作用、抗炎症作用がある。実験室レベルではあるが、カンナビノイドシステムが炎症や炎症にかかわるサイトカインを低下させるという報告がある。カンナビノイドが過剰な免疫を抑える可能性がある。

●Augmentation of endogenous cannabinoid tone modulates lipopolysaccharide-induced alterations in circulating cytokine levels in rats.

●Cannabinoid-based drugs as anti-inflammatory therapeutics.

一方、癌の終末期の話に移るが、癌の末期に、悪液質とよばれる低栄養・衰弱状態となる。この悪液質は、代謝の変化、癌による栄養消費、食事摂取不良など、様々な要因で起こるとされる。サイトカインもこの病態にかかわっているとされ、特に炎症性サイトカインが関連が言われている。 炎症性サイトカインを低下させることで、末期癌患者の食欲低下や疲労感を改善できる可能性があると私は考えている。カンナビノイドによる薬剤が癌末期患者のサイトカインレベルを低下させないか?また悪液質に対する治療効果について研究してみたいものだ。
追記:カンナビノイドと免疫システムの関わりはとても面白いテーマである。よさそうなreviewがあったので、もう少し勉強してみる。



※編集部注:本稿の初出は「Dr.フロッガーのブログ」です。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター