読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

9名さま。クリックのご協力を! (7 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
資料 > 印刷用PDF資料
【米国国立がん研究所:大麻とカンナビノイド】全文訳
印刷用PDF資料 : 投稿者 : THC編集部 投稿日時: 2011-04-25

米国国立がん研究所の公式サイトに3月30日付けで掲載された「大麻とカンナビノイド」の全文訳(PDFファイル)を公開しました。


■PDFファイル:CannabisandCannabinoids.pdf

翻訳は、「マリファナはなぜ非合法なのか?」 の訳者、三木直子さんにお願いし、専門用語は医学博士のフロッガーさんに確認して頂きました。みなさんにお知らせするとともに、お二方にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

本資料の冒頭箇所に、次のようにあります。

要旨
この、代替医療(CAM)に関する情報の略説は、大麻草とその成分を、癌という疾病そのもの、またはその治療を原因とする、癌に関連した症状の治療のために使用することについての概要を紹介するものである。

この略説に含まれる重要な情報は以下の通りである。

大麻草は、現在のように違法物質と位置づけられる以前は、何千年にもわたって医療目的で使用されてきたものであること。
カンナビノイドと呼ばれる大麻草の化学成分は、人間の身体全体に存在する特定の受容体を活性化させて薬理学的な効果を生む。これは特に、中枢神経系と免疫系において顕著である。
カンナビノイドは、癌治療に関連した副作用を抑えるのに効果がある可能性がある。

【出典】
National Cancer Institute Cannabis and Cannabinoids (PDQR)
http://www.cancer.gov/cancertopics/pdq/cam/cannabis/healthprofessional

米国国立がん研究所(NCI)が、公式に、癌やそれに伴う症状に対する大麻の使い方を紹介した意味は大きいと思います。本家NCIのサイトは英語ですが、これの日本語版がありました。
■がん情報サイト:PDQ日本語版

がん情報サイトは、日本で唯一米国国立がん研究所(NCI)とライセンス契約し、PDQ日本語版をはじめとするがんに関する最新かつ包括的な情報を配信するサイトです。

今のところ、「大麻とカンナビノイド」の項目については、まだ翻訳されていないようです。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター