読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

11名さま。クリックのご協力を! (5 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
フロッガー医師の検証
大麻でラット凶暴化?についての検証
フロッガー医師の検証 : 投稿者 : フロッガー 投稿日時: 2008-12-30

麻薬・覚せい剤乱用防止センター(ダメセン)制作のビデオ映像で、大麻の有効成分であるTHCをラットに注射する攻撃性が増し他のネズミを攻撃するようになる、というものがある。

ダメセンは、この実験結果を大麻が暴力傾向を引き起こす根拠としており、厳しい取り締まりの正当化に用いている。
下のニュース映像にも引用されている。

サンデーNEXT


この実験について、検証を行いたい。

・この実験について書かれた論文
「目でみる精神医学シリーズ5 薬物依存」にこのラットの実験に関するレビューがある。 この論文は大麻取締法変革センター(THC)のサイト閲覧できる(PDFのP80-88)。
●日本の公的大麻情報の根拠文書/pdfファイル対応リスト
●原著 :Effects of psychotropic drugs on delta 9-tetrahydrocannabinol-induced long-lasting muricide.

「目でみる精神医学シリーズ5 薬物依存」より抜粋。
「Wistar系ラットを1ゲージ当たり数匹ずつ群飼育しながら、毎日1回 THC 6mg/kgの腹腔内投与を続けても、2週間まではラットの行動に何らの変化も見られなかったが、15日目以降より情動過多運動反応とともにマウスを噛み殺す行動(muricide)を示すラットが現れた。しかし隔離したラットにTHCを投与すると、たった一回だけの投与で、差し出した棒にかみつき、 muricideをも示すようになった。」

・THCの量
この実験で用いているTHCの量は6mg/kgである。これは、体重50kgのヒトでは300mgとなる。
大麻たばこに含まれるTHCは10-20mgであり、喫煙で体内に摂取されるTHC量4mgであることを考えれば、かなりの大量である。

・攻撃反応の起こる条件
ラットを単独飼育していると、単回投与でもmuricideが生じるが、数匹飼育しているときには2週間以上THCを投与しなければこの反応は起こらない。このことから、この反応は環境因子によって影響を受けるものであると言える。

・muricide?(これは共食いではない!)
THCが投与されたのはラットであるが、攻撃されているのはマウスである。
ラットとマウスは別種のネズミである。ラットはマウスに比べ何倍も体が大きい。
普通のラットでも攻撃性の高いものはマウスを襲う。野生のラットの70%、実験用ラットの12%がマウスを殺すというデータがある。そして殺した後食べるようだ。これは暴力行動なのだろうか?ただの捕食行動ではないのか?
また、muricideは、神経系以外にも、環境因子、社会因子、学習、空腹により影響されるらしい。
空腹と関係:THCには食欲増進作用があるがその影響はないのか?
学習と関係:この論文では、THC投与終了後もmuricideは続く、とし、凶暴性が永続するかのように考察しているが、これはTHCの影響ではなく、ラットが「マウスが食料となること」を学習した結果ではないのか?

●ラットは大型のネズミで、ドブネズミを品種改良したもの(Wikipedia)
●マウスは小型のネズミで、いわゆるハツカネズミの系統である(Wikipedia)
●mouseとratの違い。muricideについての解説あり(Anne's rat page:Rat Behavior and Biology)

・まとめ
総合して考えてみよう。
ラットを孤独な状態で飼育し、そこに大量のTHCを注射する。そののちに棒で刺激したり、別種の動物を同じ籠に入れている。このような異常な状態に置かれれば、通常の生物であれば恐怖や防衛から攻撃を仕掛けるのではないだろうか?

ヒトに例えてみよう。独房に入れられて、大麻タバコ70-80本分ものTHCを無理やり注射され、そこに得体の知れない動物を投入されて、普通でいられるだろうか?

結論:この実験結果は、大量のTHCと特定の飼育条件でなければ起こらないもので、さらにその現象はmuricideという特殊な反応である。人間の大麻使用者に一般化できる事柄とは言い難い。

・おまけ:研究者のコメント
福岡大学の藤原道弘教授はこの実験を行ったグループの一員である。その藤原氏のコメントは下で見ることができる。

山ちゃんのジャーナルしちゃうぞ!(CS放送 朝日ニュースター) 知れば知るほど『?』 大麻規制の不思議(1/6)


藤原氏のコメント
「人でも動物でも脳の奥の方に心をあらわす部分である大脳辺縁系と言うものがある。これは動物であろうと人であろうと一緒。例えばネズミなんかは集団で行動して非常におとなしいが、ネズミを一匹ずつ檻にいれてTHCと言う物質を打てば凶暴になる。これは人間でもストレスな状態でやれば出てくる。」

ストレスにも程度と言うものがあろうよ・・。

[参考]
・カナビス・スタディハウスでも、この実験に対する検証を行っている。人間にTHCを注射した場合についても書かれており、大変参考になる。
●嘘の1000倍偽装 カナビスでラットが凶暴化
●大麻と暴力傾向について:フロッガーまとめ-疫学的検証も大麻と暴力の関連を否定

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント


印刷用ページ  このニュースを友達に送る

コメント一覧

0件ヒットしました 返信 閲覧 投票数 平均点 トピック開始 最新投稿

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター