読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

7名さま。クリックのご協力を! (7 名が 一般公開記事 を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
読者会員フォーラム一覧
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索
読者会員限定記事カテゴリ
記事カテゴリ
AFPの大麻報道との対話 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2008-08-23

Sumo: Russian wrestler expelled over marijuana
by Patrice Novotny

TOKYO, Aug 21, 2008 (AFP) - Japan's sumo authority on Thursday expelled a Russian wrestler caught with marijuana, an unprecedented punishment which activists said highlighted the rigidity of the country's drug laws.
It was the latest in a raft of scandals for the 2,000-year-old sport, whose image was tainted last year when a teenage apprentice died after violent abuse by his stable.
The Japan Sumo Association held an emergency board meeting and decided to oust Soslan Gagloev, a 20-year-old who has risen quickly through the ranks under the ring name of Wakanoho.
"He was arrested over a violation of the marijuana control law," said Kitanoumi, executive director of the sumo authority. "The association dismissed him today.
It was the most severe punishment ever handed down by the sumo association, which has never before dismissed a wrestler in active competition.
The Russian, who has been a professional sumo wrestler since 2005, was arrested Monday for allegedly possessing a joint with 0.368 grams of marijuana inside. Police also confiscated a pipe for marijuana smoking.
"This incident disturbed the public," said the Russian wrestler's stable master Magaki, sitting next to Kitanoumi at the press conference. "I apologise for my poor supervision."
Magaki offered his resignation as a board member, which was accepted at the emergency meeting, the association said.
Gagloev had been promoted in July to maegashira, the highest sumo level below the main four competitive ranks.
Russia is among a number of countries and US jurisdictions that have all but legalised marijuana in recent years by lightening punishments or allowing the use of the drug for medicinal purposes.
Japan, along with most of East Asia, enforces strict laws banning both hard and soft drugs. Possession of any amount of marijuana in Japan carries a risk of up to five years in prison.
Foreigners caught with marijuana risk expulsion, as happened in 1980 when Japan jailed former Beatle Paul McCartney for nine days for carrying weed in his suitcase.
Activist Kazuhiko Sirasaka said that the wrestler's arrest showed a hysterical attitude in Japan towards marijuana.
"The amount found on Wakanoho was ridiculously small. How can you be arrested and prosecuted for that? It's a nightmare," said Sirasaka, head of the THC Japan association which lobbies on behalf of what it calls victims of drug legislation.
"The government is only repeating the slogans of American authorities to 'Just Say No,'" he said. "The penalties are only severe so as to spread the myth that cannabis is dangerous."
Asked about the reasons for Japan's zero-tolerance policy on drugs, a health ministry spokesman said only: "It's the law."
Japan closed a loophole in 2002 that allowed sales of hallucinogenic mushrooms, which were the country's only legal drug.
Despite the strict punishments, Japan has seen a rising number of drug convictions, although the number is still small by global standards.
Police in the nation of 127 million people reported a record 3,282 drug violations in 2007. Two-thirds of the people who were arrested were in their 20s.

---------
相撲:ロシア人力士が大麻で追放

東京-2008/8/21(AFP)
日本相撲協会は木曜、大麻で逮捕されたロシア人力士を追放した。その前例のない罰は、日本の薬物法の硬直性を際立たせていると活動家は言う。
昨年10代の弟子が部屋で暴行を受けて死亡し、イメージが悪化していた2000年の歴史を持つスポーツの最新のスキャンダルだ。
日本相撲協会は緊急理事会を開き、若ノ鵬の四股名でスピード出世した20歳のソスラン・グロエフの追放を決めた。
「若ノ鵬は大麻取締法違反で逮捕された」と相撲協会理事長の北の潮は言った。「協会は彼を解雇した」。
現役力士を解雇するというのは、これまで相撲協会が下したことのない最も厳しい罰だ。
2005年からプロの力士だったロシア人は、伝えられるところによると、0.368グラムの大麻が入ったジョイントを所持していた。警察は大麻喫煙用のパイプも押収した。
「この事件で世間に迷惑をかけた」と、記者会見で北の潮の隣に座った、ロシア人力士の部屋の間垣親方は言った。「監督不行き届きを謝罪します」。
間垣親方は理事会メンバーの辞任を申し出て、緊急理事会で了承されたと協会は言った。
グロエフは7月に、主要4段階ある競技ランクのうち最上位レベルに属する前頭に昇進していた。
ロシアは、罰則の軽減やドラッグの医療目的使用を容認することで、近年大麻をほぼ合法化した多くの国や米国管内と同様の状態にある。
日本は、多くの東アジアの国と同様に、ハードとソフト両方のドラッグを禁止し、厳格に法律を実施している。どんな量の大麻所持であっても、日本では最高5年の懲役刑の危険を伴う。
1980年、かつてのビートルズのポール・マッカトニーがスーツケースに大麻を持っていて9日間勾留された時のように、日本では外国人が大麻で捕まると国外退去のリスクがある。
活動家の白坂和彦は、力士の逮捕は大麻に対する日本のヒステリックな対応を示していると言う。
「若ノ鵬が持っていた大麻はアホらしいほど微量です。なんでこんなことで逮捕され、起訴されなければならないのか。悪夢のようです。」と、ドラッグで捕まった被害者を支援するTHC Japan代表の白坂は言う。
「日本政府はただアメリカ政府のスローガン『Just say No.』を反復しているだけなのです。」と彼は言う。「刑罰は、ただ大麻が危険だという神話を広げるためだけに厳しくされているのです。」
薬物に対する日本の非寛容政策の理由について訊ねられ、厚生労働省スポークスマンはただ言う。「それが法律です」。
日本で唯一の合法薬物として許されていた幻覚性キノコの販売という抜け穴を、2002年に日本は塞いだ。
国際的な水準からすればまだその数は少ないものの、厳しい罰則にも拘らず、日本では薬物での有罪判決が増加している。
1億2700万人の国の警察は、2007年に3282件の薬物違反を記録したと報告している。逮捕された者のうち3分の2が20代だという。
(意訳:白坂・・こなれない日本語ですいません。間違いがあったら教えて下さい。)

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント

AFPの大麻報道との対話 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2008-08-21

20日に掲載した「若ノ鵬とロシアの薬物政策と日本のマスゴミ」に、「なぜこんな微量の大麻所持が大騒ぎするほどのニュースになるのか。他の先進国から見ると、そのほうがニュースとして意味がありそうな話だ」と書きましたが、フランスの通信社、AFPから、若ノ鵬の事件に関して取材がありました。AFPは、Wikipediaによると、「世界最古、フランス最大の報道機関で、現在 AP通信 、ロイターに次ぐ世界第3位の規模を持つ」そうです。
取材は英文のメールであり、日本語で回答したところ、フランス人の記者の方から電話を頂きました。当方の回答は日本人スタッフが訳して下さったそうです。記事は数日中にフランス語で配信され、英語の要約も出すそうです。その記事を当方にも送って頂けるとのことなので、頂き次第掲載しますが、取材の生原稿としてメールでのやりとりを、了解を得て公開します。(原文意訳は白坂)


Hi,

I am a French journalist based in Tokyo, working for Agence France-Presse (AFP) worldwide news agency. I found your mail adress on your interesting web site. I am preparing an article this week on the restriction against cannabis in Japan, following the case of Wakanoho, the Russian sumo wrestler who has been under arrest since a cigarette of cannabis has been found in his wallet. It seems that Wakanoho will even be expelled from the sumo association.
I would like to ask you some for my article:
(私は東京を拠点とするAFPのフランス人ジャーナリストです。あなたの興味深いウェブサイトでメールアドレスを見つけました。私は今週、日本における大麻規制、財布の大麻タバコが発覚して逮捕されたロシア人力士、若ノ鵬についての記事を準備しています。若ノ鵬は相撲協会からも追放されそうです。記事を書くにあたり、いくつか聞かせて下さい。)

- What do you think about the case of Wakanoho ?
(若ノ鵬の事件についてどう思われますか?)

若ノ鵬に限ったことではありませんが、前途ある若者が、自己使用目的の大麻を0.368グラム!所持していたというだけで、逮捕し、勾留し、裁判にかけ、前科者とし、勤務先を解雇され、人生を破壊される現在の日本の現実は、実に馬鹿げており、悪夢のようです。大麻の事実を知る日本人の一人として、とても悲しく、また、海外から夢を持って日本を訪れてくれた人たちには、申し訳なく、恥ずかしく思っています。

- Why do you think Japanese society is so intolerant with the use of cannabis ?
(なぜ日本社会はこれほど大麻使用について不寛容なのだと思いますか?)

日本における大麻取締法は、先の敗戦後に占領軍GHQの指令によって制定されたものです。それまでも、日本では国際的な取り決めによって大麻を規制する規則はあったものの、事実上は全く規制されておらず、大麻が日本社会で問題になったこともありませんでした。
GHQに大麻の栽培を全面的に禁止するよう求められたとき、日本の政治家たちは抵抗し、一定程度の栽培を認めるようGHQと交渉し、栽培を免許制とすることで辛うじて大麻を守りました。
当時、日本では繊維としての麻が不足していましたが、GHQは繊維となった、薬物とは関係のない大麻までを厳しく規制してきました。
私たちは、大麻取締法は実は薬物政策ではなく、産業政策であったと考えています。その後、麻繊維が廃れ、代わりに石油製品が市場を占めるようになったことは戦後史が証明しています。

日本では、大麻は縄文時代からの栽培作物であり、縄文の「縄」とは大麻のことです。大麻は神道とも深い関わりがあり、神聖なものとして扱われてきました。「大麻」を国語辞書で引くと、伊勢神宮などで頒布するお札のことだと書かれています。大麻は神とヒトを媒介するものとされていたのです。神社で使われている注連縄も麻で作られ、相撲では横綱が締める綱もまた麻であり、それは横綱が神であることの象徴です。

しかし、大麻に限らず、敗戦後の日本は、アメリカの支配下であらゆる政策決定が行われ、薬物政策もアメリカに従ってゼロトレランスを採り続けています。日本では、大麻取締法を所管する厚生労働省の天下り財団法人「麻薬・覚せい剤乱用防止センター」が公的な薬物情報を国民に周知教育していますが、その大麻情報には医学的根拠がありません。日本で「ダメ。ゼッタイ。」として国民に教えられている大麻情報は、天下り財団法人が15年前までアメリカ・テキサス州にある反薬物団体から輸入していた薬物標本の説明書を翻訳しただけのものであることが、私たちの調査で明らかになりました。私たちの指摘に対し、天下り財団の専務理事(厚生労働省の元官僚)は昨年3月に、「情報が古くて見直す必要がある」と認め、厚生労働省の担当者である麻薬対策課の情報係長も「まあ、根拠はないんでしょうね」と回答しています。しかし、未だに誤った情報が見直されることなく、国民にリーファーマッドネス情報が植え付けられ続けているのです。

なぜ、日本が大麻だけでなく、薬物全般について、非寛容政策を採用し続けているかというと、未だに日本が実質的にはアメリカの占領下にあり続けているからです。「ダメ。ゼッタイ。」という日本の薬物政策の標語は、アメリカの「Just say No!」を翻訳しただけのものなのです。

- I understood you sent some petition to the United Nations, but have you sent some similar request to the Japanese authorities ?
(国連に提言を提出されたようですが、同じような要望を日本の国家機関にも出したのでしょうか?)

日本の薬物政策は、内閣府に設置された「薬物対策推進本部」が統括しています。本部長は内閣総理大臣で、本部員には厚生労働省や警察庁など関係各省庁の大臣が就いています。私たちは、今年3月の第51会期国連麻薬委員会にご指摘の提言を提出し、同時に、内閣総理大臣を含む、「薬物対策推進本部」の全構成省庁にも同じ内容の提言を提出しています。しかし、それが検討されることはありませんでした。
それどころか、「薬物対策推進本部」は、これまで規制されていなかった大麻の種についても厳しく取り締まる方向で具体的な検討に入っており、今月中に方針を出すとのことです。私たちは、それについても意見書を提出する予定ですが、日本政府が私たちの意見書や提言に、真摯に耳を傾けることはおそらくないでしょう。

(中略)

お問い合わせ頂き、ありがとうございます。ぜひ、日本のこの馬鹿げた状況を、フランスや世界に向けて発信して頂きたいと願っています。
私たちは大麻で逮捕された人や家族の相談に対応していますが、以前、日本在住のフランス人の方の相談もありました。その手記を日本人の奥さんに書いてもらい、公開していますので、ご参考になさって下さい。

小包から1.2gの大麻/Qさん(フランス人)




近日中に記事として配信されるとのこと。日本の恥を晒すようで忍びない思いもありますが、何らかの外圧になればと願っています。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント

AFPの大麻報道との対話 : 投稿者 : 白坂@THC主宰 投稿日時: 2008-08-01

AFPの大麻報道との対話コーナー。下記の記事リストからどうぞ。

★ ランキングとツイートにご協力ください ★     
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

0コメント

HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター