読者会員ログイン
ユーザー名::
パスワード: :
パスワード紛失
◆新規読者会員登録
現在アクセス中の人数

10名さま。クリックのご協力を! (2 名が 公開フォーラム を参照中。)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
もしくはお買い物を

大麻報道センター記事項目

初めての方に
norml
Project CBD


shu
kaigai

メディアとの対話

政党・政治家との対話
大麻有害論に問う
大麻取締法違憲論裁判録
麻生しげるの医療大麻フォトギャラリー
サル・パラダイスの今週ノマスコミよかった大賞
THC主宰白坂の雑記帳
読み物
もし大麻で逮捕されたら
逮捕された人たちの話
資料
関連法
english


◆大麻報道センター管理サイト

thctube

QRコード
フォーラム一覧
大麻報道センター内検索

Re: 新・談話室です

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 新・談話室です

msg# 1.75
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012-1-5 2:41
麻生しげる 
タイでは大麻所持による逮捕は日常茶飯事です。外国人やツーリストは、主に観光地などで捕まるケースが多いようです。タイでは麻薬事犯へは厳罰主義を取っていますが、少量のマリファナ(現地ではガンジャやカナビスと呼ばれる)所持は他のドラッグほど厳しくはありません。

タイの大麻事犯で一番多いのは公共の場(ホテルやゲストハウスを含む)での大麻喫煙です。逮捕されたものの多くが知り合ったばかりの人に密告された、と感じるケースが多いのも事実です。他のケースでは、やはりホテルやゲストハウスの従業員や責任者に通報されたと感じるケースが多いです。

少量の大麻所持は5年以下の懲役と、若しくは50000バーツ以下の罰金刑、とその両方というケースがあります。大麻を大量に所持していた場合、あるいは密輸や売買に関わっていた場合、刑は更に、著しく厳しくなります。

大麻で逮捕された場合、強制送還は必至で、次回に王国へ入国しようとしたら「ブラックリスト」に名前を記載され、入国を拒否される可能性が高いです。

タイ王国のドラッグに関する法律は麻薬規正法BE・2522で総括されます。この法律にふれる薬物は以下の通り:
ヘロイン、コカイン、アンフェタミン(覚せい剤)、メタンフェタミン(覚せい剤)、クラック、エクスタシー、それに大麻、大麻樹脂。因みに10キロまでの大麻所持は5年以下の懲役、若しくは50000バーツの罰金。あるいはその両方。

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


HOME | お知らせ | 新規読者登録 | 談話室 | 大麻検索エンジン | 公開フォーラム | 相談希望の方へ | 大麻報道センターついて | サイトマップ | 会員専用フォーラム | english

制作・著作 大麻報道センター